プーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プーノ
Puno
ペルーの旗
嵐の日の午後のプーノ
嵐の日の午後のプーノ
プーノの市旗 プーノの市章
市旗 市章
愛称 : Ciudad de Plata (銀の街)
位置
プーノの位置(ペルー内)
プーノ
プーノ
プーノ (ペルー)
プーノの位置(南アメリカ内)
プーノ
プーノ
プーノ (南アメリカ)
座標 : 南緯15度50分36秒 西経70度1分25秒 / 南緯15.84333度 西経70.02361度 / -15.84333; -70.02361
歴史
建設 1668年11月4日
行政
ペルーの旗 ペルー
  プーノ県
  プーノ郡
 市 プーノ
地理
面積  
  市域 ? km2
標高 3,827 m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 221,000人
その他
等時帯 UTC-5 (UTC-5)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : www.munipuno.gob.pe

プーノ (Puno) はペルー共和国南部プーノ県にある都市で、同県の県都。

概要[編集]

プーノ市は、プーノ県の県都。南緯15度50分・西経71度01分、チチカカ湖の西岸に位置する。標高3850メートル。

人口は約22万人。他の多くのペルーの都市と同じく、市街の中心部にアルマス広場カテドラルを持つ。市街に隣接する高台には、街を見下ろすようにインカの聖なる3動物であるコンドルピューマヘビの像が建てられている。

歴史[編集]

1668年建市。プーノはスペイン人の征服後に建設された都市であるが、チチカカ湖周辺はプレ・インカ時代から文明の栄えた地域であった。同湖には、インカ帝国創建にまつわる伝承も残っている。

交通[編集]

世界有数の高所を走るペルー南部鉄道が発着する駅があり、インカ・マンコ・カパック国際空港のあるフリアカや隣県の県都であるクスコと結ばれている。

気候[編集]

プーノ
雨温図説明
123456789101112
 
 
160
 
18
4
 
 
115
 
18
4
 
 
134
 
18
4
 
 
65
 
18
1
 
 
5
 
18
-2
 
 
3
 
17
-6
 
 
0
 
18
-6
 
 
9
 
17
-3
 
 
22
 
19
0
 
 
39
 
19
2
 
 
30
 
20
3
 
 
87
 
20
4
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Zoover (in Portuguese)
インペリアル換算
123456789101112
 
 
6.3
 
64
39
 
 
4.5
 
64
39
 
 
5.3
 
64
39
 
 
2.6
 
64
34
 
 
0.2
 
64
28
 
 
0.1
 
63
21
 
 
0
 
64
21
 
 
0.4
 
63
27
 
 
0.9
 
66
32
 
 
1.5
 
66
36
 
 
1.2
 
68
37
 
 
3.4
 
68
39
気温(°F
総降水量(in)

その他[編集]

プーノはチチカカ湖に浮かぶウロス島や近在のシルスターニ遺跡への観光拠点となっている。

市街北西の高台から見たプーノ市街(2007年2月撮影)

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]