プロ野球チームをつくろう!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロ野球チームをつくろう!
ジャンル 野球ゲーム
対応機種 セガサターンドリームキャストゲームボーイアドバンス
発売元 セガ(後のセガゲームス
メディア CD-ROMなど
発売日 1998年2月19日など
テンプレートを表示

プロ野球チームをつくろう!』(プロやきゅうチームをつくろう)は、セガゲームス(2015年3月まではセガ)から発売されている家庭用ゲーム並びにオンラインゲームのシリーズである。略称は「やきゅつく」。

概要[編集]

日本のプロ野球をテーマとした経営シミュレーションゲーム。実在の日本プロ野球12球団のうちのどれか一つを選んで育成し、世界一の球団を作り上げるのが目的となる。プレイヤーが担当するのは

  • 資金運営や施設の建設といった経営部分
  • スタッフや選手を揃える人事部分
  • 所属する選手を育成したり試合前のオーダー決定や投手交代といった戦略部分

の3点で、試合中の選手の行動を直接操作することは出来ない。

先行して発売されていたサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!』(サカつく)の好評を受け、「サカつくのプロ野球版」という位置づけで誕生したソフトなので、第1弾のタイトルは『プロ野球チームつくろう!』であった。そのため、基本的なゲーム内容は「サカつく」とほぼ同様である。

シリーズ[編集]

『プロ野球チームであそぼう!』との同梱版。
既存のチームではなく、新球団を設立。携帯型ゲーム向けにかなりアレンジされている。
  • プロ野球チームをつくろう!2(2003年2月13日、PlayStation 2
キャラクターがこれまでの2頭身からリアル体型に変化。これには賛否が分かれるところである。
  • プロ野球チームをつくろう!2003(2003年11月20日、PlayStation 2)
2のリメイク版。選手データの更新、OB選手の追加の他、機能が追加された。
  • プロ野球チームをつくろう!MOBILE(2003年11月20日、モバイル端末用ダウンロード)
FOMA向けのアプリ配信。携帯電話ゲーム
  • プロ野球チームをつくろう!3(2005年7月28日、PlayStation 2)
現実のプロ野球再編問題を反映し、ドラフト制度やリーグ間のチーム入れ替え、プレーオフの有無といった改革案をオーナー会議の多数決で採用することが可能な他、ホームタウンの発展等の機能が追加された。年俸が青天井状態で高騰する等といった事象も見られる。隠しキャラクターに、ゲストとして、本シリーズの大ファンである電撃ネットワーク三五十五が登場する。
  • プロ野球チームをつくろう!MOBILE'07(2007年3月29日、モバイル端末用ダウンロード)
FOMA向けのアプリ配信。携帯電話ゲーム。データを新規に更新した2007年度バージョン。
キャラは2頭身になる。10年毎に引き継ぐ状態を選択する。PS2版で廃止された強化アイテムが復活した。
月額有料制から基本料金無料版への移行。
  • プロ野球チームをつくろう!2(2009年5月21日、ニンテンドーDS)
  • プロ野球チームをつくろう!ブラウザ(2011年7月7日~2013年2月28日、Yahoo!モバゲー)、プロ野球チームをつくろう!(2011年7月8日、モバゲー
基本無料オプション課金制PCブラウザゲーム。選手カード写真が実写。
  • 野球つく!!(2016年6月2日、Microsoft Windows)
タイトルが変更されたが、内容はこれまでのシリーズと同様である。PC版が先行してサービスを開始し、スマートフォン向けも配信予定[1]

プロ野球チームであそぼう![編集]

プロ野球チームであそぼう!』は、セガよりドリームキャスト用ソフトとして発売されていた2頭身キャラクターによるアクション野球ゲームのシリーズである。

通常の野球ゲームとして遊ぶことも出来るが、プレイヤーが「やきゅつく」で育成したチームを使って他のプレイヤーの育成したチームと対戦することも可能であった。

シリーズ[編集]

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ PC版「野球つく!!」の正式サービスが6月2日にスタート。iOS/Android版も近日サービス開始予定4Gamer.net 2016年5月23日

外部リンク[編集]