プロパティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

プロパティ: property)は物体特性特質を意味する言葉である。

言語の概念としてのプロパティ[編集]

一部のプログラミング言語において、プロパティとはクラスに定義できる、特殊なメンバーの一種である。

なお、統一モデリング言語 (UML) ではプロパティのことを属性: attribute)と呼ぶ。[要出典]

一般的な意味[編集]

ソフトウェアの設定や調節などを行う場合に開くツール。[要出典]

「プロパティを開く」などといった使われ方もすることから、一般的にコンピュータを使用している上では「設定ツール」という意味で取っていても差し障りは無い。[要出典][要検証]

Windowsにおけるプロパティ[編集]

Microsoft Windowsにおけるプロパティは、コンピュータファイルアプリケーションの各種設定などの情報を保持した属性のことである。

Java標準ライブラリにおけるプロパティ[編集]

標準Javaクラスライブラリにおけるプロパティは、System.getProperties()によって取得できるシステムプロパティjava.util.Propertiesや、java.util.ResourceBundleクラスで管理できる情報や、それらのクラスが管理するプロパティファイルのことを指す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]