ブロー成形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブロー成形(ブローせいけい)または中空成形(ちゅうくうせいけい)、吹込み成形(ふきこみせいけい)とは、プラスチックの加工法の一種。ペットボトルポリタンクなど、中空の製品を作るのに用いられる。ブロー成形にはダイレクトブロー成形、インジェクションブロー成形、シートブロー成形、フリーブロー成形等があり、それぞれの用途に合せて使用される。

直接ブロー成形[編集]

原理は吹きガラスと同じである。ペレット状のプラスチック原料をブロー成形機にて溶かして、パイプ状にする(通称パリソンと呼ぶ)。ホットパリソン法と呼ばれる。パリソンは上から下にでてくるが、このパリソンを製品の外側のみ彫られている金型で挟み込み、中に空気を吹き込む。この空気で膨らませて製品を作ることがブロー成形である。

金型内で冷却されたものが、製品形状となる。ブロー成形の場合、必ずバリと言われる不要部分がつく。このバリを取り払うと、ブロー成形品となる。

金型は射出成形と比較して低圧で成形されるので強度はそれほど要求されないため、電鋳[1][2]や試作用途では3Dプリンタ[3]による製造が可能で費用を低減する事が可能である。

用途[編集]

化粧品、洗剤などの容器類、灯油缶、パイプ、ダクトなど、建材など、自動車用ダクト、ホース、サスペンションなどのカバー、また、水泳用コースロープなどのスポーツ用品、医療用タンク容器、工業用タンクカバー、農機具用タンク、球場、体育館のベンチや特異な所では1/12スケールのガンダムなど、他にもさまざまな分野に使われている。

インジェクションブロー成形(射出吹込み成形)[編集]

射出吹込み成形や2軸延伸ブロー成形とも呼ばれ射出成形とブロー成形を組み合わせた成形法で両者の利点を取り入れている。射出成形により試験管状の有底パリソン(プリフォーム)を成形してからブロー成形に使用する。ダイレクトブロー成形に比べ、高精度でバリ取り等の後工程がなく延伸効果が高いので強度が優れる。 射出成形とブロー成形を連続して行うホットパリソン・インジェクション・ブローと一度、冷却してから別のブロー成形機で加熱軟化するコールドパリソン・インジェクション・ブローがあり、それぞれ、一長一短がある。

ホットパリソン・インジェクション・ブロー
連続して成形するので再加熱の必要性がないのでコールドパリソン・インジェクション・ブローと比較してエネルギーの無駄が少ない。射出成形機とブロー成形機のどちらかの処理能力の低い方に生産量が制限されるので最適化が困難。
コールドパリソン・インジェクション・ブロー
再加熱するのでエネルギーの無駄がある。工程を分離できるので最適化することができる。

フリーブロー成形[編集]

航空機のバブルキャノピーのようにアクリル樹脂ポリカーボネートのような熱可塑性樹脂の平板を加熱、軟化させて内部に空気を送り込むことで泡状に膨らむ事で成形する。[4]ドーム状の物体の成形に適する。

利点
表面の平滑性に優れるので鏡面仕上げが不要、底部の型枠のみ必要で雄型、雌型が不要
欠点
寸法、厚みの精度がやや劣る、生産性がやや低い、加工形状がドーム状のものに限定される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電鋳金型
  2. ^ 型関連生産品目とそれに合わせた各種材質型の一覧
  3. ^ ブロー成形の簡易金型を3Dプリンターで作りコストとリードタイムを90%削減
  4. ^ フリーブロー成形

外部リンク[編集]