ブルセラ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルセラ属
Brucella melitensis.jpg
グラム染色したブルセラ・メリテンシス
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: αプロテオバクテリア綱
Alpha Proteobacteria
: リゾビウム目 Rhizobiales
: ブルセラ科 Brucellaceae
: ブルセラ属 Brucella
学名
Brucella
Mayer & Shaw 1920
下位分類(種)
  • B.アボルツス
  • B.ミクロティ
  • B.メリテンシス

ブルセラ属Brucella)はグラム陰性の非芽胞形成好気性非運動性の球菌ないし桿菌。ブルセラ科に属する。名称はブルセラ属菌が原因となって起きるブルセラ症の研究で貢献したデヴィッド・ブルースに因む。GC含量は55から58。基準種はブルセラ・メリテンシス(B. melitensis)。

分類はやや混乱している。細菌学名承認リスト時点で認められていた6種は、DND-DNA分子交雑法では区別が付かず、これによる分類では全てB. melitensisにまとめらる[1]。しかし異論も多く、通常は従来の学名が使用される[1]。なお、その後6種が記載され、2018年現在、ブルセラ属は12種となっている。

動物細胞に細胞内寄生体として生息する。ヒトを含め哺乳類に対して病原性を示す。フォーゲス・プロスカウエル試験およびメチルレッド試験は陰性、カタラーゼオキシダーゼウレアーゼは概ね陽性。コスターの染色によって検出できる。培養する際には数パーセント程度の二酸化炭素が必要である。プレート培養にはブルセラ寒天培地チョコレート寒天培地が用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 今田由美子 (平成16年3月). “人 Brucella melitensis感染症の病性鑑定報告”. 動衛研研究報告 (110): 1-4.