ブラーケルの小娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラーケルの小娘( - こむすめ、Dat Mäken von Brakel, KHM 139)は、『グリム童話』に収録されている作品である。アールネ・トンプソンのタイプ・インデックス1476A、「像の母に祈る」に分類される。

あらすじ[編集]

ブラーケルの小娘が、あるときヒンネン城の下の聖アンナの御堂に行った。娘は殿御が欲しくてたまらないが、御堂には自分のほかに誰もいないと思い、聖アンナに殿御を下さるようお願いした。ところが、その後ろに立っていた坊さんが怖い声で、殿御は授からないとどなりつけた。小娘は聖アンナのかたわらの少女マリアがしゃべったと勘違いし、おふくろに聞いてるんだとどなり返した。