フロリス2世 (ホラント伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フロリス2世
Floris II
ホラント伯
Florent II de Hollande.png
称号 ホラント伯:1091年 - 1121年
出生 1085年
死去 1121年3月2日
配偶者 ゲルトルート・ファン・ロータリンゲン
子女 ディルク6世
フロリス
父親 ディルク5世
母親 Othelhilde
テンプレートを表示

フロリス2世 (オランダ語: Floris II van Holland, 1085年頃 - 1121年3月2日) は、ホラント伯(在位:1091年 - 1121年)。なお1101年に正式にホラント伯の称号が成立する以前は、西フリースラントの伯爵という身分だった。フロリス肥満伯(オランダ語: Floris de Dikke)とも呼ばれる。

生涯[編集]

ホラント伯ディルク5世の息子として、フラールディングで生まれた。ユトレヒト司教との紛争の末、フロリス2世はこれを自らの封臣として支配下に置くことに成功した。1101年、ラインラントフリースラント)を征服したフロリス2世は、ユトレヒト司教からホラント伯の称号を与えられた。

1108年ごろ(1100年、1113年とする説もある)、ロレーヌ公ティエリー2世の娘ゲルトルートと結婚した。この時、ゲルトルートは教皇からペトロニラ(聖ペトロの娘)の名を与えられた。ペトロニラとフロリス2世の間には、ディルク、フロリス、シモンという3人の息子とヘドウィグという1人の娘が生まれた。フロリス2世は1121年に死去した。息子ディルクがディルク6世としてホラント伯を継いだが、幼少だったためしばらくペトロニラが摂政となった。後に次男フロリス・デ・ズウォルテは兄ディルク6世に反旗を翻すこととなる。

参考文献[編集]

  • Wessels, Johannes Willhelmus (1908). History of the Roman-Dutch Law. Cape Town: The African Book Company.

関連項目[編集]

先代:
ディルク5世
ホラント伯
1091年 - 1121年
次代:
ディルク6世