フランク・デチッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランク・デチッコ(Frank DeCicco, 1935年 - 1986年4月13日)はニューヨークガンビーノ一家の幹部。

1970年代後半から1980年代前半にガンビーノ一家の構成員となり、労働組合チームスターの282支部への恐喝を働き、自身の関係者を送り込んでいた。その後ポール・カステラーノの信頼を得、彼がボスとなった時はカポを務める。1985年ジョン・ゴッティに誘われ、サルヴァトーレ・グラヴァーノらと相談の上で同年12月16日にカステラーノを夕食へ誘い出し、暗殺を成功させる。ゴッティがボスに就いた後、その功績からアンダーボスに就任した。

1986年4月13日日曜日、ニューヨークブルックリンベンソンハースト地区で、自分の自動車に仕掛けられた爆弾により暗殺された。その際、近くにいたルッケーゼ一家の構成員フランク "フランキー・ハーツ" ベリーノ(Frank "Frankie Hearts" Bellino)も足の一部を失う重傷を負っている。

彼の殺害はカステラーノの暗殺に対する復讐であったと思われ、当初はカステラーノはシチリア・マフィアの知り合いも多かったので彼らの犯行が疑われた(アメリカのマフィアは爆弾による暗殺は厳禁されていたが、シチリアでは爆弾が平気で使われていた)。しかし事件の真相は、カステラーノの暗殺に激怒したジェノヴェーゼ一家ヴィンセント・ジガンテと、ルッケーゼ一家のボスヴィクター・アムーソアンソニー・"ガスパイプ"・カッソが共謀したという説が有力とされており、本当はゴッティを殺害するつもりだったのが、デチッコをゴッティと誤って殺害したと言われている。

この事件以降、ゴッティは5大ファミリーとの関係回復に腐心することになる。

外部リンク[編集]