フランク・デチッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランク・デチッコ(Frank DeCicco, 1935年11月5日 - 1986年4月13日)はニューヨークガンビーノ一家の幹部。フランキー・Dフランキー・チーチなどのあだ名で呼ばれていた。

ブルックリンバースビーチ英語版出身。父親はベネヴェント出身でガンビーノ一家の構成員。長じてスタテンアイランドで暮らす。

1970年代後半から1980年代前半にガンビーノ一家の構成員となり、労働組合全米トラック運転手組合(チームスター)英語版の282支部への恐喝を働き、自身の関係者を送り込んでいた。また、ブルックリンとマンハッタンで違法ギャンブルにも手を出していた。その後ポール・カステラーノの信頼を得、彼がボスとなった時はカポを務める。1985年ジョン・ゴッティに誘われ、サルヴァトーレ・グラヴァーノらと相談の上で同年12月16日にカステラーノを夕食へ誘い出し、暗殺を成功させる。ゴッティがボスに就いた後、その功績からアンダーボスに就任した。

1986年4月13日日曜日、ニューヨークブルックリンダイカー・ハイツ英語版で、自分の自動車の下に仕掛けられた爆弾により暗殺された。その際、近くにいたルッケーゼ一家の構成員フランク "フランキー・ハーツ" ベリーノ(Frank "Frankie Hearts" Bellino)も両足のつま先を失う重傷を負っている。

彼の殺害はカステラーノの暗殺に対する復讐であったと思われ、当初はカステラーノはシチリア・マフィアの知り合いも多かったので彼らの犯行が疑われた(アメリカのマフィアでは従来爆弾による暗殺は厳禁されていた。一方、シチリアでは爆弾が平気で使われていた)。しかし事件の真相は、カステラーノの暗殺に激怒したジェノヴェーゼ一家ヴィンセント・ジガンテと、ルッケーゼ一家のボスヴィクター・アムーソ英語版と側近のアンソニー・"ガスパイプ"・カッソ英語版が共謀したのが真相とされており、実行犯のHerbert Pateは本来ゴッティを殺害するつもりだったのが、デチッコが車に乗った直後に偶然近くにいたベリーノをゴッティと間違えて爆弾を起爆させ、結果デチッコを殺害したと言われている。これらの詳細は、反マフィアジャーナリストのジェリー・カぺシ英語版が当局に投降したカッソへのインタビューを通して1997年に明らかにした[1]

この事件以降、ゴッティは5大ファミリーとの関係回復に腐心することになる。

脚注[編集]

  1. ^ Capeci, Jerry (1997年11月12日). “SECRET'S UP IN SLAY OF GOTTI CONFIDANT”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/archives/news/secret-slay-gotti-confidant-article-1.785735 2016年11月26日閲覧。 

外部リンク[編集]