フッ素テロマーアルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8:2 フッ素テロマーアルコール

フッ素テロマーアルコール (略称:FTOHs)はCF3(CF2)nCH2CH2OHの構造を持つ重合体。

防汚、撥油、撥水剤の製造に使用される。

概要[編集]

命名法はフッ化炭素の数によって決められる。例えばC8F17CH2CH2OHの場合は8:2フッ素テロマーアルコールと呼ばれる。

合成法は以下の通り

ペルフルオロアルキルヨウ化物(CF3(CF2)nI)にエチレンを付加させる。
エチレンを付加させた後、ヨウ素水酸基に置換する。

フッ素テロマーアルコールは分解が進むと、PFOA等のペルフルオロアルキルカルボン酸になる。またマウスに8:2FTOHsを長期に摂取させると、8:2FTOHsが代謝されて生じたPFOAが肝臓や血清から検出される。[1]

安全性[編集]

揮発性があり空気中で広く検出されている。[2][3] 6:2FTOHsと8:2FTOHsはエストロゲン様作用がある。[4]

出典[編集]

  1. ^ Kudo, N., et al.: "Induction by perfluorinated fatty acids with different carbon chain length of triglyceride accumulation in the liver of rats." Biol.Pharm.Bull.. 26. 47-51 (2003),
  2. ^ Oono S, Harada KH, Mahmoud MA, Inoue K, Koizumi A (October 2008). "Current levels of airborne polyfluorinated telomers in Japan". Chemosphere 73 (6): 932–7. doi:10.1016/j.chemosphere.2008.06.069. PMID 18701130. 
  3. ^ Piekarz AM, Primbs T, Field JA, Barofsky DF, Simonich S (December 2007). "Semivolatile fluorinated organic compounds in Asian and western U.S. air masses". Environ. Sci. Technol. 41 (24): 8248–55. doi:10.1021/es0713678. PMID 18200847. 
  4. ^ Maras M, Vanparys C, Muylle F, et al. (January 2006). "Estrogen-like properties of fluorotelomer alcohols as revealed by mcf-7 breast cancer cell proliferation". Environ. Health Perspect. 114 (1): 100–5. doi:10.1289/ehp.8149. PMC 1332663. PMID 16393665.