フックスイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初期の電話機。受話器が本体側面のフックに掛けられている。

フックスイッチ(hook switch)とは、電話機受話器を置く部分にあるボタン式のスイッチのことである。フックボタンとも言う。

受話器が電話機に置かれた状態(オンフック)ではフックスイッチが受話器により押下されてスイッチが開いた(切れた)状態になり、電話が切られていることが交換機に伝えられる。受話器を上げる(オフフック)とフックスイッチが閉じ(繋がり)、交換機に受話器が上げられたことが伝わる。

初期の受話器と送話器が分かれていた電話機では、送話器は本体に固定されていたが、受話器は本体から分離していてケーブルで本体とつながっており、文字通り本体のフックに受話器を掛けていたことから、この名称がついた。

通話中にフックスイッチを押下しすぐに離す動作をフッキング(hooking)といい、コールウェイティング(キャッチホン)において保留呼と通話呼を切り替えるのに使用する。電話機によってはフッキングを自動で行うためのボタンがついている。

コードレス電話の子機や携帯電話ではフックスイッチは存在せず、通話ボタン・終話ボタンがその代わりとなる。

参考文献[編集]