フカル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フカル川
Río Júcar 1.jpg
延長 497.50 km
水源の標高 1,700 m
平均流量 49.22 /s
流域面積 21578.50 km²
水源 スペイン カスティーリャ=ラ・マンチャ州
河口・合流先 地中海
流域 スペインの旗 スペイン
テンプレートを表示

フカル川スペイン語:Río Júcar)またはシュケル川バレンシア語:Xúquer)は、スペイン東部の川。クエンカ県に源を発し、バレンシア州クリェラスペイン語版地中海に注ぐ。

地理[編集]

フカル川の流路図

標高1,810mのウニベルサーレス山に端を発し、上流部は峡谷をなしていくつもの滝を持つ[1]。上流部では年平均降水量800mmの高地を南北に流れ、この部分はカルスト地形となっている。川が渓谷や峡谷を刻み、石灰岩質の川岩を侵食した洞窟、ドリーネが点在する。

フカル川の広大な中流は均一でなく、蛇行しながら丘陵地帯をゆく。秋から冬には洪水が発生しやすく、乾燥する夏は流量が著しく減少する[1]。アラルコンではこの地形を利用して川がダムとなっている。ラ・マンチャ地方で川は90度方向を変え東進する。

下流域では園芸農業、果樹栽培、米作が行われ、フカル川の水が灌漑に使用されている[1]。海抜の低い湿地帯となり、アルブフェーラ潟がある。河口付近には砂丘、潟湖、塩水湖が分布しており[1]、かつて蛇行する川に囲まれ文字通り島のようであったアルシラ、スエカクリェラスペイン語版の町がある。クリェラで地中海に注いでいる[1]。497km[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 三省堂編修所 1995, p. 861.

参考文献[編集]

  • 三省堂編修所 『コンサイス外国地名事典 改定版』 三省堂、1995年