フェオドラ・サルタコヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェオドラ・サルタコヴナ
Феодора Сартаковна

称号 ベロオゼロ公
死去 1273年12月20日
配偶者 ベロオゼロ公グレプ
子女 デミアン
ミハイル
家名 ジョチ・ウルス
父親 サルタク?
テンプレートを表示

フェオドラ・サルタコヴナロシア語: Феодора Сартаковна、? - 1273年12月20日)は、ベロオゼロ公グレプ(ru)の妻である。

フェオドラは1257年にキリスト教の洗礼を受け、ベロオゼロ公グレプと結婚した。その父はジョチ・ウルスのサルタクという貴族である。このサルタクがバトゥの息子のサルタクであると断言できる史料はないが、G.ヴェルナドスキー(ru)はその著書の中で、バトゥの息子サルタクの娘であるとみなしている[1]

フェオドラはロストフで16年間を過ごし、グレプとの間にデミアンとミハイルの2人の子をなした。1273年の末に死亡し、ロストフ主教イグナティー(ru)によって埋葬された。

出典[編集]

  1. ^ Г. В. Вернадский. Правление Менгу-Тимура // Монголы и Русь. — М.: ЛЕАН, Аграф, 2004.

参考文献[編集]