フィリップ・フランツ・ルサージュ・デ・リシェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィリップ・フランツ・ルサージュ・デ・リシェーPhilipp Franz LeSage de Richee, 生没年不詳)は、17世紀ドイツで活躍したフランス出身のリュート奏者。フランスのリュート奏者ムートンに師事したとされる。

作品[編集]

1695年に出版(1735年に再版)されたリュート曲集「CABINET der LAUTEN(リュートの飾り棚)」が知られる。同曲集には100曲の自作のほか、ロジーの作品1曲の計101曲を収める。

参考文献[編集]

  • 佐藤豊彦、 CD リュートの飾り棚 ルサージュ・デ・リシェーのブックレットより
  • Historisch-theoretische und practische Untersuchung des Instruments der Lauten, Nürnberg,1727(『リュート―神々の楽器―』菊池賞訳、水戸茂雄監修、東京コレギウム2001年、改訂版2009年) ISBN 9784924541900