フィコシアノビリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Phycocyanobilin
Skeletal formula
Ball-and-stick model{{{画像alt1}}}
識別情報
PubChem 5288007
特性
化学式 C33H40N4O6
モル質量 588.69 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フィコシアノビリンは、青色フィコビリンである。すなわち、シアノバクテリア紅藻灰色藻、およびいくつかのクリプト藻の葉緑体に存在するテトラピロール発色団である。この物質は、フィコビリタンパク質アロフィコシアニンや、エネルギーの最終受容体であるフィコシアニンにのみ存在する。チオエーテル結合により、これらのフィコビリタンパク質と共有結合する。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • Cole, W. J.; Chapman, David J.; Siegelman, Harold W. (1967). “Structure of phycocyanobilin”. Journal of the American Chemical Society 89 (14): 3643–3645. doi:10.1021/ja00990a055. ISSN 0002-7863.