ファティマの祈り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファティマの祈り(ファティマのいのり)とは、カトリックの祈祷文[1]1917年ポルトガルファティマでの聖母出現の際、三人の牧童に対して聖母マリアロザリオの各連の終わりにつけ加えるよう依頼したとされる祈り[2]。そのためロザリオの祈りの各連につけ加えられることがある[3]

祈祷文[編集]

日本語[編集]

文語[編集]

ああイエズスよ、我らの罪を赦し給え、我らを地獄の火より護り給え。

また、すべての霊魂、ことに主の御憐れみを最も必要とする霊魂を天国に導き給え。アーメン。

口語[編集]

主イエス・キリスト、わたしたちの罪をおゆるしください。

わたしたちを滅びから救い、すべての人々、ことに御憐れみをもっとも必要としている人々を天国に導いてください。

アーメン。

英語[編集]

O my Jesus, forgive us our sins, save us from the fires of hell, lead all souls to Heaven, especially those most in need of Thy mercy. Amen.

ラテン語[編集]

Domine Iesu, dimitte nobis debita nostra, libera nos ab igne inferiori, perduc in caelum omnes animas, praesertim eas, quae misericordiae tuae maxime indigent. Amen.

脚注[編集]

  1. ^ 「ロザリオの祈り」ドン・ボスコ社(『日々の祈り 改訂版第二版』カトリック中央協議会より)
  2. ^ アントニオ・アウグスト・ボレッリ・マシャド著、成相明人訳『ファチマの聖母』フマネ・ヴィテ研究会、pp.40-44
  3. ^ 「ロザリオの祈り」ドン・ボスコ社(『日々の祈り 改訂版第二版』カトリック中央協議会より)

関連項目[編集]