ファウスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラクロワ画のファウスト

ファウスト』(: Faust)はドイツの文人ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの代表作とされる長編の戯曲。全編を通して韻文で書かれている。『ファウスト』は二部構成で、第一部1808年第二部はゲーテの死の翌年1833年に発表された。

概略[編集]

15世紀から16世紀頃のドイツに実在したと言われる、高名な錬金術師ドクトル・ファウストゥスの伝説を下敷きとして、ゲーテがほぼその一生を掛けて完成させた大作である。ファウスト博士は、錬金術占星術を使う黒魔術師であるとの噂に包まれ、悪魔と契約して最後には魂を奪われ体を四散されたと云う奇怪な伝説、風聞が囁かれていた。ゲーテは子供の頃、旅回り一座の人形劇「ファウスト博士」を観たといい、若い頃からこの伝承に並々ならぬ興味を抱いていた。そして、こうした様々なファウスト伝説に取材し、彼を主人公とする長大な戯曲を書き上げた(なお、主人公の名前は「幸福な、祝福された」を意味するラテン語faustusに由来する。ドイツ語で「拳骨、砲」を意味するFaustと一致するが、偶然の一致にすぎない)。

尚、人形芝居ファウストに関する最古の記録は、1746年のハンブルクでの公演である。芝居の台本は十種程が現存し、その内、カール・ジムロック編の台本は「ドイツ民衆本の世界III」(国書刊行会)に訳出されている。この人形芝居の基となっているのは、クリストファー・マーロウの戯曲『フォースタス博士の悲劇』(1592年頃初演)であり、マーロウが基にしたのはヨーハン・シューピース『実伝ヨーハン・ファウスト博士』(1587年刊)の英訳であった。

あらすじ[編集]

プロローグ[編集]

献辞と前戯[編集]

戯曲『ファウスト』はまず、1797年になって初稿『原ファウスト』(Urfaust)から20年ののちにこの作品を再び世に送るにあたり、ゲーテがその心境を告白した「献ぐる詞」から始まる。次に、インドの詩人カーリダーサ(5世紀)作の戯曲『シャクンタラ』に影響を受けたゲーテによって、その体裁にならって同年に書き加えられた「劇場での前戯」(Vorspiel des Theaters)が続き、「天上の序曲」(Prolog im Himmel)に至っていよいよ悲劇の本筋に入る。

天上の序曲[編集]

天使たち(ラファエルミカエルガブリエル)の合唱と共に壮麗に幕開けられた舞台に、誘惑の悪魔メフィストーフェレス(以下メフィスト)が滑稽な台詞回しでひょっこりと現れ、主()に対して一つの賭けを持ち掛ける。メフィストは「人間どもは、あなたから与えられた理性をろくな事に使っていやしないじゃないですか」と嘲り、主はそれに対して「常に向上の努力を成す者」の代表としてファウスト博士を挙げ、「今はまだ混乱した状態で生きているが、いずれは正しい道へと導いてやるつもりである」と述べる。メフィストはそれを面白がり、ファウストのを悪の道へと引き摺り込めるかどうかの賭けを持ちかける。主は、「人間は努力するかぎり迷うもの」と答えてその賭けに乗り、かくしてメフィストはファウストを誘惑することとなる。

第一部[編集]

ファウストが悪魔メフィストと出会い、死後の魂の服従を交換条件に、現世で人生のあらゆる快楽や悲哀を体験させるという契約を交わす。ファウストは素朴な街娘グレートヒェンと恋をし、とうとう子供を身籠らせる。そして逢引の邪魔となる彼女の母親を毒殺し、彼女の兄をも決闘の末に殺す。そうして魔女の祭典「ワルプルギスの夜」に参加して帰ってくると、赤子殺しの罪で逮捕された彼女との悲しい別れが待っていた。

第二部[編集]

皇帝の下に仕えるファウストは、メフィストの助けを借りて国家の経済再建を果たす。その後、絶世の美女ヘレネーを求めて、人造人間ホムンクルスやメフィスト達と共にギリシャ神話の世界へと旅立つ。ファウストはヘレネーと結婚し、一男を儲けるが、血気に逸るその息子はやがて死んでしまう。現実世界に帰って来たファウストは、巧みな戦術で皇帝を戦勝へと導き、広大な所領を授けられる。やがて海を埋め立てる大事業に乗り出すが、灰色の女「憂い」によって両眼を失明させられる。そしてメフィストと手下の悪魔達が墓穴を掘る音を、民衆の弛まぬ鋤鍬の音だと信じ込み、その時に夢想する幸福な瞬間について「この瞬間が止まってほしい」とも言えるのだと云う想いを抱きながら死ぬ。その魂は、賭けに勝ったから自分の物だとするメフィストフェレスの意に反して、かつての恋人グレートヒェンの天上での祈りによって救済される。

日本語訳[編集]

『ファウスト』は、明治後期に森林太郎(森鴎外)によって日本語訳され[1]、これは最初の完訳であるが、今日でも評価は高く、近代日本文学の古典として、森林太郎の名で岩波文庫緑帯(現代日本文学、全2巻・初版1928年)[2]に分類されている。

なお文庫赤帯(海外文学)は、ドイツ文学者相良守峯訳である。鴎外訳は、ちくま文庫版『鴎外全集(11)』にも収録されている。

訳書一覧[編集]

多数の日本語訳が出版された。

関連作品[編集]

  • 『ファウスト』にインスピレーションを得た作品は多数ある。

音楽[編集]

漫画[編集]

演劇[編集]

映画[編集]

小説[編集]

  • ミネルヴァと智慧の樹 始原〈ウロボロス〉(2010年/電撃文庫) - 浅生楽著。ファウストの世界を物語の下地にしている。

解説・新訳[編集]

ゲーム[編集]

関連事項[編集]

注・出典[編集]

  1. ^ 森は、この時の出版に前後して、第1部の抄訳が高橋五郎と町井正路(1878 - 1946年)によってそれぞれ出版されているが、森は参考にしていないと述べている(森鴎外『不苦心談』)。
  2. ^ 森林太郎訳の復刊版は、1)ISBN 978-4003100615 2)ISBN 978-4003100622
  3. ^ 1957年から河出書房新社。
  4. ^ 手塚訳は1970年、第22回読売文学賞を受賞した。
  5. ^ 片岡義道(かたおかぎどう、1919 - 2002年) 僧侶。1985年から天台真盛宗宗務総長をつとめ、天台声明の研究・復元などの功績で著名な東洋音楽研究者でもあった。一方でファウストへの思い入れも深く、晩年に韻文体による翻訳を残した。
  6. ^ 池内訳は2000年、第54回毎日出版文化賞を受賞した。

外部リンク[編集]