ファイバーボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファイバーボードは、蒸解した木材繊維を接着剤と混合して熱圧成型した木質ボードの一種。比重が小さい方からインシュレーションボード、MDF、ハードボードに区分される。パーティクルボードよりもエレメントが小さいために均質であり、木材の持つ異方性はほとんど無い。原料として未利用廃材や低質木材が主に利用される、リサイクル製品である。FBと略されることもある。

ファイバーボードの区分[編集]

JIS A 5905 による。

インシュレーションボード[編集]

密度:0.35g/cm3未満(IFB:Insulation Fiber Board)。

MDF[編集]

密度:0.35g/cm3以上、0.80g/cm3未満。中密度繊維板(Mid Density Fiber Board)。

ハードボード[編集]

密度:0.80g/cm3以上。廃材等を細く裁断して、繊維状に解きほぐした材料に水を混ぜ、加圧加熱成形する。接着剤を殆ど使用せず、木材に含まれるタンパク質であるリグニンの作用で結着させる [1] [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木製ドア用語集 ハードボード”. コマニー株式会社. 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ ハードボード”. 佐久間木材株式会社. 2017年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]