ピッグ・ラテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピッグ・ラテン(豚のラテン語;英語:Pig Latin)は、英語の言葉遊びのひとつ。おはよう(Good morning)をピッグ・ラテンで言うと、oodgay orningmayとなる。ピッグ・ラテンは子どもが大人や他の子どもと楽しんだり、内緒話するために用いる。反対に、大人は子どもに知ってほしくない敏感な話題を話すときに時々使う。英語話者の旅行者は、英語が第2言語の国を旅行する時、話していることを隠すためにピッグ・ラテンを時々用いる。

規則[編集]

ある単語をピッグ・ラテンに変える習慣的な規則は以下の通り:[1]

  1. 子音で始まる単語は最初の母音の前の子音を語末へ移動し、その音節にay(発音は[ei])を加える。例を挙げると
    • messessmay
    • fatheratherfay
    • bitchitchbay
    • stararstay
    • city [sɪtɪ] → itysay[ɪtɪseɪ]。最初の文字の位置を変えるだけでは不十分。なぜなら、itycayとすると[ɪtɪkeɪ]という発音を思わせるからである。
  2. [w]の音は子音と見なされ、他の子音と同じ扱いである[1]
    • RwandaAndarway
    • queen [kwin] → eenquay[inkweɪ]
    • choir [kwaɪr] → irchay[aɪrkweɪ] (正書法に基づく表記)より良いのはire-quay[1] (より音声的な表記)
    • one [wʌn]→ unway[ʌnweɪ] [2]
  3. 母音で始まる単語(黙字の子音も含む)は語末にayを加える。
    • antantay
    • honorhonoray

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Word Games as Experimental Linguistics, Michael Cahill, SIL International, Septiembre 2008.
  2. ^ My pig latin dictionary