ピエトロ・ロータリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエトロ・ロータリ(Pietro Antonio Rotari、1707年9月30日-1762年8月31日)は、バロック時代のイタリア画家である。ヴェローナに生まれ、放浪の人生を送り、ロシアの裁判所のために絵を描きに行った先のサンクトペテルブルクで死去した。

彼は最初アントニオ・バレストラの弟子だったが、1725年から1727年には、ヴェニスに移り住んだ。彼はその後、1728年から1732年にはローマフランチェスコ・トレヴィザニ、1731年から1734年にはナポリフランチェスコ・ソリメーナの元で働いた。その後彼はヴェローナに戻り、ここでアトリエを開いたが、すぐにドレスデンウィーンミュンヘンで王族や貴族のパトロンのために絵を描くようになった。

彼は肖像画家として人気があり、ドレスデンやサンクトペテルブルクで王族の絵を描いた。また、1745年には、ヴェローナの教会Ospedale di San Giacomoに複数人が登場する祭壇画Four Martyrsを描いた。

出典[編集]

外部リンク[編集]