ピエトロ・クリニート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピエトロ・クリニート(Pietro Crinito, 1465年 - 1507年)は、イタリアルネサンス期の人文主義者詩人ラテン語式にペトルス・クリニトゥス (Petrus Crinitus) と表記されることもあるが、本名はピエトロ・リッチョ (Pietro Riccio) である(Crinitusは「髪」を意味する筆名)。

イタリア・フィレンツェに生まれ、アンジェロ・ポリツィアーノに師事し、ピコ・デラ・ミランドラたちとも交流を持った。自身の詩作などのほか、『ラテン詩人たちの生涯』と題する評伝なども著しているが、これについては正確さの面などから必ずしも芳しい評価を得られていない。

彼は、教え子たちと遊んでいた際に、その一人が戯れで投げた水入りの瓶が頭に当たって絶命したという。

著書[編集]

  • De honesta disciplina(栄えある学識について)、1504年刊行
    この著書は、初版がフィレンツェで出された後、フランスやスイスで多くの版を重ねた。
    パリ、1510年
    バーゼル、1532年
    リヨン、1543年; 1555年; 1561年
    ジュネーヴ、1598年
  • De poetis latinis(ラテン語詩について)、1505年刊行