ビラ (太陽神)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビラ (Bila) は、アドニャマタンハ族英語版太陽神太陽を女神として捉えるオーストラリアアボリジニに広く見られる考え方と同様に、ビラは女性の神である[1]

ビラは食人神とされ、日光の源となる炎で犠牲者を炙り焼きにするという。神話では、トカゲ男(ディラウォング英語版)が、ビラの食人行為を恐れ、また彼女に攻撃されたので、彼女を空中に放ち、世界は闇に包まれたという。次に彼は、ブーメランを使って彼女を捉え、戻って来た彼女を、ゆっくりとした弧を描いて空を横切るようにしたので、世界は再び照らされるようになった。この勇敢な行為があったことから、アドニャマタンハ族はオオトカゲヤモリを崇拝するようになっている[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ Jennifer Isaacs (2005). Australian Dreaming: 40,000 Years of Aboriginal History. New South Wales: New Holland. p. 142. 1-74110-258-8.
  2. ^ Patricia Montley, In Nature's Honor: Myths and Rituals Celebrating the Earth, Unitarian Universalist Association of Congregations, 2005
  3. ^ Patricia Monaghan, Encyclopedia of Goddesses and Heroines, New World Library, 01/04/2014