ヒンジガヤツリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒンジガヤツリ
Lipocarpha microcephala hnjkytr01.jpg
ヒンジガヤツリ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: イネ目 Poales
: カヤツリグサ科 Cyperaceae
: ヒンジガヤツリ属 Lipocarpha
: ヒンジガヤツリ L. microcephala
学名
Lipocarpha microcephala (R.Br.) Kunth[1]

ヒンジガヤツリ Lipocarpha microcephala は、カヤツリグサ科の植物の一つ。柄の先端に丸っこい穂を数個つける。水田雑草として普通に見られる。

特徴[編集]

小柄な一年生草本[2]。全株無毛で、白みを帯びた緑色。根茎はなく、多数が束になって生じる。草丈は5-30cmになる。葉は根出状に2-3枚を生じ、細くてやや固くて立ち上がる。基部の鞘は褐色がかる。

花期は8-10月。花序は茎の先端に集中してつく。その直下には葉状の苞があり、苞は長さ1-8cmで2-1枚、多くは反り返るように伸びる。花序を構成する穂は広卵形で柄が無く、通常は3個が密集して生じる。穂は多数の小花の集まりで、個々の小花は1枚の鱗片と2枚の薄膜を伴う。鱗片は長さ1.2-1.5mmで、披針形で淡緑色、中脈が突き出して反り返る芒端となる。小花はこの鱗片の内側にあって、腹背に位置する各1枚の薄膜に挟まれる。果実は長楕円形で長さ0.8-1mm、黄褐色で先端の花柱は短く2裂する。

和名は「品字蚊帳吊り」の意で、カヤツリグサに似て、丸い穂が3つ集まるのを漢字の「品」の形に見立てたものである[3]

なお、この属の花の構造については議論があり、丸い穂全体を小穂と見る説と、鱗片を含む小花1つを小穂と見る説に分かれる。たとえば佐竹他(1982)や谷城(2007)は前者の説を、星野他(2011)は後者の説を採る[4]ため、図鑑によって解説が異なっている。詳細についてはこの属の解説を参照されたい。

分布と生育環境[編集]

日本では本州・四国・九州・琉球列島に見られる。国外では中国・台湾・インドシナ・インド・マレーシア・オーストラリア・ミクロネシアから知られる。

湿った地面にはえ、水田、川岸、湿地などに見られる。

類似の植物[編集]

同属の植物としては日本にはオオヒンジガヤツリ L. chinensis があるが、分布が奄美大島以南に限定され、また背丈が20-50cmと大きいこと、寄り集まって生じる穂の数がより多いことなどで区別される。外見的にはヒメクグなどヒメクグ属のもの、ヒメアオガヤツリなどの小型のカヤツリグサ属アオテンツキなどもやや似ている。花の構造はかなり異なるので、その点を観察すればはっきり区別できる。

利害[編集]

特にない。水田雑草ではあるが、小さくて特に問題視されない。

出典[編集]

  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants 和名-学名インデックス(YList)”. 2011年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月14日閲覧。
  2. ^ 星野他(2011),p.690
  3. ^ 谷城(2007)p.171
  4. ^ ただしこの書の属内の検索表では穂のことを小穂と記しており、混乱が見られる

参考文献[編集]

  • 星野卓二・正木智美・西本眞理子、『日本カヤツリグサ科植物図譜』、(2011)、平凡社
  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本I 単子葉植物』,(1982),平凡社
  • 谷城勝弘『カヤツリグサ科入門図鑑』(2007) 全国農村教育協会