ヒトラーの旋律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヒトラーの旋律[1]
Ghetto
監督 アウドリアス・ユツェルナス
脚本 ジョシュア・ソボル
出演者 ハイノー・フェルヒ
エリカ・マロジャーン
セバスティアン・フールク 他
音楽 アナトリユス・センデロヴァス
配給 劇場未公開
上映時間 110分[2]
製作国 ドイツ/リトアニア
テンプレートを表示

ヒトラーの旋律』(ひとらーのせんりつ)は2006年公開の、実話をもとにして製作された映画。舞台は第二次世界大戦時のナチス・ドイツ占領下にあるリトアニアの首都ヴィリニュス[3]。ユダヤ人種隔離政策によってゲットー[4]に集められたユダヤ人による生への模索を描いたヒューマンドラマである。

ストーリー[編集]

作中の1941年、ナチス・ドイツはヴィリニュスに在住する55,000人のユダヤ人を殺害、残った15,000人をゲットーに押し込める。

ヴィリニュスに残ったユダヤ人の生殺与奪の権を付与されて、ドイツ将校キッテル(Kittel、演:Sebastian Hülk)が派遣されてくる。この将校は情け容赦ない人物であったが、協力を余儀なくされたユダヤ人警察の隊長ゲンツ(Gens 、演:Heino Ferch)は、少しでも犠牲を減らすべく、さまざまな駆け引きを用いて対応する。将校キッテルが目をつけた女性歌手のハヤ(Haya、演:Erika Marozsán)にゲットー内の劇場で上演するよう依頼するのもそのひとつである。しかしあくまでもゲンツができたのは犠牲を減らすことだけであり、ゼロにすることはできない。すなわち多数を生かすかわりに少数は死に追いやるしかないという微妙な立ち位置である。やがてソ連が進行してくるとドイツ軍は崩壊するが、ゲンツは自ら死においやったユダヤ人たちに負い目を感じ懊悩することになる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ テンプレート内は特記の無い限り右記による。 ヒトラーの旋律<未>(2006) GHETTOallcinema
  2. ^ @niftyエンタメ によれば107分。
  3. ^ 以下、あらすじは「@niftyエンタメ」および「インターネット・ムービー・データベース」による
  4. ^ このゲットーは最初からあったゲットーではなく、ユダヤ人を減らした後にさらにまとめるために設置されたゲットーである。José García,GHETTO | Ghettoi, textezumfilm.de (2008).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • de:Jacob Gens - 本項主人公のモデル Jacob Gensの項(ドイツ語版ウィキペディア)。