ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 ヒトクローン技術規制法、クローン技術規制法
法令番号 平成12年法律第146号
種類 法律
効力 現行法
主な内容 特定胚の適正取扱い、クローン人間作製の禁止など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律(ひとにかんするくろーんぎじゅつとうのきせいにかんするほうりつ、平成12年法律第146号)とは、2000年公布された日本法律である。特定を定義してその取扱いを適正に行うよう定めるとともに、クローン人間の作製を罰則をもって禁止する。

クローン人間の作製[編集]

この法律では、クローン人間の作製に罰則を課して、これを禁じている。

第三条(禁止行為)
何人も、人クローン胚、ヒト動物交雑胚、ヒト性融合胚又はヒト性集合胚を人又は動物の胎内に移植してはならない。
第十六条(罰則) 
第三条の規定に違反した者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

外部リンク[編集]