ヒッチャー (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒッチャー
The Hitcher
監督 デイヴ・マイヤーズ
脚本 ジェイク・ウェイド・ウォール
エリック・バーント
エリック・レッド(オリジナル脚本)
製作 マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッド・フラー
アルフレッド・ヘイバー
出演者 ショーン・ビーン
ソフィア・ブッシュ
ザカリー・ナイトン
ニール・マクドノー
音楽 スティーブ・ジャブロンスキー
撮影 ジェームズ・ホーキンソン
編集 ジム・メイ
製作会社 プラチナム・デューンズ
配給 ムービーアイ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年1月19日
日本の旗 2007年11月24日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$16,472,961[2]
テンプレートを表示

ヒッチャー』(原題:The Hitcher)は、2007年制作のアメリカ合衆国サイコスリラー映画。『ヒッチャー』のリメイク。製作はマイケル・ベイ。前作でルトガー・ハウアーが演じた殺人鬼をショーン・ビーンが演じている(ショーン・ビーンはマイケル・ベイが監督した『アイランド』にも出演している)。

あらすじ[編集]

グレースとジムは、同じ大学に通う恋人同士で共に21歳。春休みを利用して、二人でドライブ旅行を楽しんでいた。

ある雨の日、走行中に車を止めて立ち止まっている男を見つけるが、不穏なものを感じたためその場から去る。その後、立ち寄ったコンビニでその男ジョン・ライダーに再度出くわし、車が壊れたと言ってきたため彼を目的地まで乗せることにする。

しかし、ジョンは突如豹変し刃物を振りかざしてグレースとジムを脅したため、恐怖を感じたジムが彼を車から蹴落として何とか難を逃れる。だが、男の執念深さは想像を遥かに超えていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・ライダー ショーン・ビーン 大塚芳忠
グレース・アンドリュース ソフィア・ブッシュ 杉本ゆう
ジム・ハルジー ザカリー・ナイトン 加瀬康之
エストリッジ警部 ニール・マクドノー

オリジナルとの違い[編集]

  •  オリジナルでは主役は男性であり、陸送の仕事をしている最中だった。
  •  オリジナルでは終盤、車にひかれて体を引きちぎられるのは女性だが、今作では男性である。
  •  最初に乗っていた車の壊れた理由が異なり、ガソリンスタンドが炎上するシーンはない。
  •  オリジナル版と比べて、血が大量に噴き出るといった残酷描写が増えている。
  •  オリジナル版では途中で女性が協力者となるが、今作では最初から女性が主人公のため、そういった描写はない。
  •  オリジナルでは主人公が終盤車を奪って自ら対決に向かうが、今作では護送に同行している最中にジョン・ライダーが暴れたため、対決する形になっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]