パヴェル・チスチャコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パヴェル・チスチャコフ

パヴェル・チスチャコフ(Павел Чистяков 1832年7月5日-1919年11月11日)は、ロシア美術教師画家

略歴[編集]

ロシア帝国のトヴェリ県で生まれる[1]。父は農奴出身だったが解放され自由の身になった。クラスヌイホルムやのちにベジェツクの学校に通う。美術アカデミーで学び、在学中に発表した作品を評価されて金メダルを授与した。

1862年に欧州へ移る。ドイツに赴いたあとフランスパリイタリアローマに長期間滞在した。1870年に欧州から帰国し、帝国美術振興協会や美術アカデミーで教員に着任。優れた教授メソッドで多くの弟子を育てた。教え子にはワシーリー・スリコフヴィクトル・ヴァスネツォフミハイル・ヴルーベリイリヤ・レーピンミハイル・ネステロフ等その他多数にのぼる。

サンクトペテルブルクにあるプーシキンで死去。

ギャラリ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]