パワーアシスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パワーアシストとは,操作者が物体を移動しようとする際,操作する力に基づいてアクチュエータが駆動力を発生させ,操作者の負担を軽減する技術である.主に,工場における組み立てなどの産業分野や,介護やリハビリなどの福祉分野で多く用いられている.

パワーアシスト装置は,装着型と非装着型に分けることができる(装着型パワーアシスト装置についてはパワードスーツを参照).非装着型では,ロボットアーム,天井クレーン,全方向車椅子,運搬台車,移乗装置,歩行訓練器など多岐にわたり,アクチュエータとして,モータ,バネ,空気圧シリンダ,油圧シリンダ,人工筋肉などが使われている.


関連項目[編集]