パルケ・ダス・ナソンイス地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァスコ・ダ・ガマ タワー

パルケ・ダス・ナソンイス地区またはパルケ・ダス・ナソエスポルトガル語: Parque das Nações)は、ポルトガルの首都リスボンフレギジーアFreguesia、行政区)。日本語で国際公園地区と表記されることもあるこの地区は、1998年に開催されたリスボン国際博覧会の跡地を中心に開発されたオフィス街や商業施設、住宅街などからなっており、2012年に新しい行政区として誕生した。テージョ川河口に沿った地区で、かつては工業用地であった。

万博開催後の1990年代に大規模な街づくりが行われ、商業地区の中心施設として(オリエンテ駅の西側に隣接する)ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングモール(Centro Vasco da Gama)や国際見本市会場(Feira Internacional de Lisboa)などが建てられている。万博当時の施設で残存しているリスボン水族館(Oceanário de Lisboa)は今でも人気の観光地だ。テージョ川沿いには600隻が係留できるパルケ・ダス・ナソンイス マリーナがある。

地区の面積は5.44km2、2013年の人口は21,025人である。

主な施設[編集]

交通機関[編集]

オリエンテ駅