パリンヤー・ジャルーンポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パリンヤー・ジャルーンポン
基本情報
通称 オカマムエタイ戦士
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1981-06-09) 1981年6月9日(36歳)
出身地 タイ王国の旗 タイ
スタイル ムエタイ
テンプレートを表示

パリンヤー・ジャルーンポンParinya Charoenphol1981年6月9日 - )は、タイの元ムエタイ選手、ムエタイ指導者。女優、タレント。バンコク出身。リングネームはパリンヤー・ギアップサパー(Parinya Kiatbusaba)、または、ノントゥム・パリンヤー。

来歴[編集]

チェンマイにある「ギアップサパー・ムエタイジム」に入門。

1995年にムエタイ選手としてデビュー。オカマボクサーとして活躍し、1998年にはシュートボクシングに参戦、井上京子異種格闘技戦を行った。

リングネームがノントゥム・パリンヤーとなる。

1999年性転換手術を受け、女優兼モデルに転身し、2001年7月に日本で引退記念試合を行った[1]。だが、タイでは2004年まで現役を続けていた[2]

2003年、半生を描いた映画「ビューティフル ボーイ」が公開。(日本公開は2005年)[3]

2006年2月、復帰。男子キックボクサーのケンシロウと対戦し勝利。7月、女子ライト級の高田結と対戦し引き分け[4]

その後、ムエタイ指導者に転身しジムを経営している[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]