パソ犬モニ太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パソ犬モニ太
ジャンル 4コマ漫画
漫画
作者 唐沢なをき
出版社 エンターブレイン
掲載誌 読売新聞
レーベル ビームコミックス
発表期間 2001年4月3日 - 2005年3月26日
巻数 全1巻
話数 全198話
テンプレート - ノート

パソ犬モニ太』(ぱそけんもにた)は、唐沢なをき作の4コマ漫画

概要[編集]

2001年から2005年にかけて、読売新聞夕刊のIT欄に掲載された。なのにパソコンに詳しい「モニ太」を中心に、飼い主家族や周辺の人々、犬達の日常や騒動を描く。内容に関して新聞社側からほとんど注文は無かったので、唐沢なをきらしさが存分に発揮された。アイコラ、メイド萌え、巫女萌えなど読売新聞紙上らしからぬ言葉が多く使われた。

登場犬物、人物[編集]

電野モニ太(でんのもにた)
オスの雑種犬。パソコンマニア。ひげが濃く、眼鏡をかけている。連載開始当初は人間と言葉で会話をする事は無かったが、なし崩し的に人間と喋る様になる。
電野希望人(でんのきぼうど)
モニ太の飼い主代表。パソコンを使いたいが機械は大の苦手。しばしばモニ太に助けを求めたり、モニ太と勝負して負けたりする。

単行本[編集]

連載終了後も長い間単行本化されずにいたが、2008年4月にエンターブレインから単行本が発売された。(ISBN 4757740883

外部リンク[編集]