パグパグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パグパグ(pagpag) は、フィリピン貧困問題の一つ。

概要[編集]

フィリピンのスラム街に住む人々やストリートチルドレンの多くは、金銭的な理由からまともな食材を購入することができないことがままある。そのためそのような貧困者は、ファストフード店のゴミ箱を漁り、残飯として捨てられた生ごみを再調理し(時にはそのまま)食べることを余儀なくされている。パグパグという名称は、残飯から汚れを払う日常から、タガログ語の「パグパグ(pagpag)=振り落とす」という言葉に由来する[1]。また、健康上のリスクとして食品を媒介した病気や毒素の摂取があるとされ、フィリピン政府から警告もなされているが、貧しい人々はこれを食べる他に選択肢がない現状である。

調理方法[編集]

まず、ゴミ袋の中から生ごみ(残飯)とそれ以外のゴミ(ストローや紙コップ、紙ナプキンなど)を分ける。次に食べられそうな残飯から汚れを払い落とし、水で洗って少量の調味料を加えた後、鍋の中で煮る、または焼いて調理するのが一般的とされる[2]。また、調理済みの残飯は小分けにされ、貧困者向けに販売されることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 釘を集める子、マニラのスラム街ナショナルジオグラフィックニュース
  2. ^ Fritzie Rodriguez (2014年3月15日). “Meal of the day: 'Pagpag'”. 2014年9月閲覧。

関連項目[編集]