パウリーナ・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Paulina van Oranje.jpg

パウリーナ・ファン・オラニエ=ナッサウ(Paulina van Oranje-Nassau, 1800年3月1日 - 1806年12月22日)は、オラニエ公ウィレム6世(後のオランダ王ヴィレム1世)の長女。全名はウィルヘルミナ・フレデリカ・ルイーゼ・パウリーナ・シャルロッテWilhelmina Frederika Louise Pauline Charlotte)で、PollyあるいはPautjeと呼ばれた。

パウリーネは1800年3月1日、オラニエ公子ウィレム(1802年にオラニエ公ウィレム6世となった)とその妃であったプロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム2世の王女ウィルヘルミナの間に第三子として父の亡命先であるベルリンで生まれた。名前はロシア皇帝パーヴェル1世にちなむ(パウリーナはパーヴェルのオランダ語翻訳パウルの女性形)。

1806年フランス皇帝ナポレオン1世ドイツ侵攻を受けてケーニヒスベルク(現カリーニングラード)へ逃れる途中で病を得、12月22日バート・フライエンヴァルデ(現ブランデンブルク州メルキッシュ=オーダーラント郡)で死去した。遺体は1911年4月7日デルフト市新教会に改葬された。