パイロット・デクレアド・ゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パイロット・デクレアド・ゴール (Pilot Declared Goal; PDG) は、熱気球競技における種目の一つである。

概要[編集]

パイロット自身が離陸前に一つ以上のターゲットを設定する。ターゲット付近に達した競技者は、マーカーと呼ばれる目印を落とし、どのくらいターゲットの近くに寄る事ができたかを競う。フライオン・タスク (FON) との違いは、離陸前にターゲットを決定しなければならない点にある。フライイン・タスク (FIN) や、ジャッジ・デクレアド・ゴール (JDG) と複合して行われる事が多い。

他の競技種目[編集]