バービカン (飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バービカンとは、かつて日本で販売していたビールテイスト飲料ビール風味の炭酸飲料)である。

ビールテイスト飲料は、欧米ではかなり前から製造され愛用者も多かったが[1]、日本ではビールが高級品扱いだった大正末期に代用品としての「ノンアルコールビール」(ノンビア)が流行して粗悪品が多く流通し[2]戦後に質にこだわった商品としてホッピーが1948年7月15日に発売[3]されたが、飲み方からアルコール飲料に類似する立場に分類されるようになったことで、そのまま飲むスタイルの商品は日本国内ではしばらく大きな動きがなかった。

1970年代から1980年代にかけて、日本国外ではビールやワインなどアルコール飲料のアルコール分を減らしソフトドリンク化する動きが活発化し、日本国内でも1980年代になるとその影響を受けて開発が行われ[1]、新感覚の大人向け飲料として宝酒造英国バス・ブリュワリー社(現アンハイザー・ブッシュ・インベブ社)と提携して開発した「TaKaRaバービカン」を1986年2月に発売開始[4][5][6]。特に法律で厳しく禁じられている飲酒運転の撲滅に期待がかかる商品として注目された。1987年9月に発売された書籍『飲めない族』には、前年に発売された「バービカン」が大きく取り上げられ、他にも当時販売されていた日本国内外のノンアルコールビール計16種類が掲載された[6]。しかし、バービカンはビールほどのコクや深みが無いために不評で、長らく細々と売られていた。また「ノンアルコール」を謳いながら、当時実際には1%以下のアルコール分を含有しており表示適正化のため、2000年代中盤以降は「ビールテイスト飲料」という表現に改められた[7][8]

2007年に宝酒造はバービカンの販売権を日本ビールに譲った。同年に麒麟麦酒などビールメーカー大手4社がアルコール分を含まない0.00%表示のビールテイスト飲料を発売したのに対抗して、飲酒運転の更なる撲滅(道路交通法改正)や健康志向を踏まえて、2009年12月15日にパッケージデザインと麦芽100%で日本初アルコール分0.000%を達成した中味にリニューアルした[9]

2014年現在、日本ビールのサイト内にある全商品一覧に同商品の名前が無く、すでに販売終了した模様。後継品は龍馬1865[要出典][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 農林水産消費技術センター「新食品ウォッチング - ノンアルコール飲料」、『大きな目小さな目(広報誌)』第10号、独立行政法人 農林水産消費技術センター、1993年7月。
  2. ^ 港区探訪:はじめて物語(4)ホッピー - Kissポート財団公式サイト、ホッピー物語 - ホッピービバレッジ公式サイト
  3. ^ ホッピー物語 - ホッピービバレッジ
  4. ^ TaKaRaのあゆみ:企業のあゆみ1977〜1989 - 宝ホールディングス
  5. ^ バービカン<リアルテイスト> 新発売 - 宝酒造 ニュースリリース 2004年2月3日
  6. ^ a b よしだけん 『飲めない族』 日本テレビ放送網、1987年ISBN 978-4820387480
  7. ^ アルコール0%飲料 - コトバンク
  8. ^ 平成15年度における景品表示法の運用状況及び消費者取引の適正化への取組 (PDF) - 公正取引委員会 2004年5月26日
  9. ^ 日本ビール、アルコール分0.000%のノンアルコールビール「バービカン」を発売 - 日経デザイン 2009年12月14日
    激戦区!アルコール0%ビール市場に麦芽100%の『バービカン』が登場 - ガジェット通信 2009年12月14日
    日本ビール、麦芽100%のアルコール分0.000%ノンアルコールビール「バービカン」を発売 - ライブドアニュース 2009年12月17日
  10. ^ 坂本龍馬が長崎でトーマス・ブレーク・グラバーよりビールを譲り受け、初めてビールを飲んだと言われている1865年にちなんでいる。