バーバラ・コルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バーバラ・コルビー
Barbara Colby
生年月日 (1939-07-02) 1939年7月2日
没年月日 (1975-07-24) 1975年7月24日(36歳没)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 女優
活動期間 1967年 - 1976年

バーバラ・コルビーBarbara Colby, 1939年7月2日 - 1975年7月24日)は、アメリカ合衆国女優である。

来歴[編集]

1939年ニューヨーク州ニューヨーク市に生まれる。舞台女優としてキャリアをスタートさせ、1964年に舞台『The Devils』でブロードウェイデビューを果たした[1]。しばらくして活動の場をニューヨークからロサンゼルスへ移して1967年に映画『The Tiger Makes Out』でデビュー。その後はテレビドラマから映画、舞台と幅広く活躍し、1971年には若き日のスティーヴン・スピルバーグが監督したピーター・フォーク主演のサスペンスドラマシリーズ『刑事コロンボ』の1エピソードへも出演。ゲスト犯人役のジャック・キャシディを脅迫する雑貨店の女店主を演じている。

銃撃事件[編集]

当時シットコム『Phyllis』へ出演中だったコルビーは、ロサンゼルス近郊のヴェニスで演劇講師をしていたが、1975年7月24日に同僚と駐車場へ向かっている際に2人組の男たちから銃撃され死亡した[2]。尚、その際に一緒に歩いていた同僚もその後死亡したが、警察が駆け付けた時はまだ息があり、二人に関しての面識はないと証言[2]。警察の捜査も甲斐なく、現在においても犯人は特定されていない。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • The Tiger Makes Out (1967)
  • Petulia (1968)
  • Look Homeward, Angel (1972) ※テレビ映画
  • A Brand New Life (1973) ※テレビ映画
  • Judgment: The Trial of Julius and Ethel Rosenberg (1974) ※テレビ映画
  • Memory of Us (1974)
  • ジャックポッド California Split (1974)
  • ブルージーンズジャーニー Rafferty and the Gold Dust Twins (1975)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Barbara Colby Biography”. 2016年6月5日閲覧。
  2. ^ a b Random Murder Of Actress Still Unsolved Over 37 Years Later”. 2016年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]