バーソン・マーステラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーソン・マーステラ
Burson-Marsteller
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク
設立 1953年
業種 サービス業
事業内容 パブリック・リレーションズ
主要株主 ヤング・アンド・ルビカム
外部リンク http://www.burson-marsteller.com
テンプレートを表示

バーソン・マーステラ: Burson-Marsteller)は、アメリカニューヨークに本社を置く大手PR会社WPPグループ傘下のヤング・アンド・ルビカムを親会社に持ち、59カ国で事業を展開している。本項では日本法人である株式会社バーソン・マーステラについても触れる。

沿革[編集]

1946年に、ハロルド・バーソンが個人事業としてパブリック・リレーションズ事業を開始。1953年、マーステラゲブハルトと共同で、シカゴに広告代理店を設立。 1994年、バーソン・マーステラの執行役員のトーマス・モッサーが、ユナボマーことセオドア・カジンスキーから送付された郵便爆弾により殺害された。カジンスキーは、同社がエクソンバルディーズ号原油流出事故に関し大衆の世論を操作したことに対し犯行に及んだと供述している。早くからデジタルに注力しており、1980年代に最初のテクノロジーチームを組織した。

主な事例[編集]

日本法人[編集]

株式会社バーソン・マーステラ
Burson-Marsteller Japan
種類 株式会社
本社所在地 102-0083
東京都千代田区麹町四丁目1番地 麹町ダイヤモンドビル5階
設立 1973年
業種 サービス業
事業内容 パブリック・リレーションズ
代表者 福永朱里
外部リンク http://www.b-m.co.jp/
テンプレートを表示

1973年に日本法人を設立。コンサルティングや危機管理シミュレーション、メディア調査などの事業を行う。第一号案件は女性を対象としたマラソン大会の広報活動であった。

外部リンク[編集]