バーセベック原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーセベック原子力発電所
Barsebäck NPP
スウェーデン
座標 北緯55度44分40秒 東経12度55分15秒 / 北緯55.74444度 東経12.92083度 / 55.74444; 12.92083 (バーセベック原子力発電所)座標: 北緯55度44分40秒 東経12度55分15秒 / 北緯55.74444度 東経12.92083度 / 55.74444; 12.92083 (バーセベック原子力発電所)
現況 運転終了
着工 1969年
運転開始 1975年5月15日
運転終了 Reactor 1: 1999年11月30日 Reactor 2: 2005年5月31日
運営者 Barseback Kraft AB
原子炉
運転終了 2 x 615 MW
種類 沸騰水型原子炉
発電量
平均発電量 3,572 GWh
正味年間発電量 187,018 GWh
2007年8月1日現在
テンプレートを表示

バーセベック原子力発電所は、スウェーデンスコーネ県バーセベックに存在する閉鎖された沸騰水型原子力発電所。デンマークの首都コペンハーゲンから20kmの位置にあり、デンマーク政府は閉鎖のためにその閉鎖まで圧力を掛け続けた。スウェーデンの原子力撤廃に伴い、この発電所の2台の原子炉は現在閉鎖されている。1基目は1999年11月30日に閉鎖され、2機目は2005年5月31日に閉鎖された。

土地は1965年に電力企業のシドクラフトによって購入され、沸騰水型原子炉の製造はアセア・アトムが受注した。1号機は1975年1月18日に臨界達成を向かえ、5月15日から商用運転が開始された。2号機は1977年3月21日に臨界を達成し、6月12日から商用運用を始めている。1997年のスウェーデン議会の決定に基づいて、スウェーデン政府は1998年7月1日に1号機の運転を終了することを決定し、2号機も2001年7月1日に停止することを決めた。運用者の決定への訴えによって閉鎖は延期されたものの2005年5月31日には2基とも停止した。解体は2020年に利用開始が予定される貯蔵施設の建設を待っている。

閉鎖時、原子炉は600メガワットあり、バッテンフォールシドクラフトが保有するリングハルス社の子会社のバーセベック・クラフトによって運用されていた。

Barsebäck

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「バーセベック原子力発電所」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ