バンカーズ・ランプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バンカーズ・ランプの例
バンカーズ・ランプの例

バンカーズ・ランプは 、象徴的なスタイルのテーブルランプで、真鍮のスタンド、緑色のガラスのランプシェード、プルチェーンスイッチといった要素を特徴とする(最近では、琥珀色のガラスや、ほかのタイプのスイッチを採用しているものもある)。

歴史[編集]

バンカーズ・ランプの最初の特許は、Harrison D. McFaddinが1901年5月11日に出願し、Emeralite(「エメラルド」と「光」)の名で生産、販売した。 この製品はモラビアのRapotínにあるJ. Schreiber & Neffenが製造した [1] 。その後、他社が「Greenalites」や「Ambrolites」といった競合商品を発売した[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Lamps of H. G. McFaddin & Co.”. 2014年9月5日閲覧。
  2. ^ Elliot, Lynn. “Revival lighting of the 20s and 30s”. Old-House Journal Vol. 24, No. 2: 57. http://books.google.com.au/books?id=FvkgE3tKp0gC.