バルセロナ万国博覧会 (1929年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1929年バルセロナ万博会場
ミース・ファン・デル・ローエ設計のドイツ館(「バルセロナ・パビリオン」)

1929年バルセロナ万国博覧会(バルセロナばんこくはくらんかい, Exposicion International de Barcelona, Expo 1929)は、1929年5月20日から1930年1月15日まで開催された国際博覧会である。

会場はモンジュイックの丘である(後に1992年のバルセロナオリンピックのメイン会場ともなった)。「産業、芸術、スポーツ」をテーマに掲げ、29カ国が参加。580万人が来場した。

施設[編集]

会場整備の総指揮者には政治家でもあった建築家ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクJosep Puig i Cadafalch[1]が選ばれた。スペイン(エスパーニャ)広場を起点とする軸線の両側に15の展示館、競技場、スペイン村などの施設が建てられた。当時はアール・ヌーヴォー(カタルニア・モデルニスモ)が衰え、国際的なモダニズム建築が台頭し始めた時期であるが、主要な施設は古典主義様式により建設された。建築史上に残るのはミース・ファン・デル・ローエの設計したドイツ館で、石・ガラス・鉄・水面で構成されたモダニズムの空間造形となった(バルセロナ・パビリオン)。

現状[編集]

会場跡は今も博覧会当時の様子をよく伝えている[2]

  • 政府館(国民宮殿) - 博覧会のメイン施設で、現在はカタルーニャ美術館
  • スペイン広場周辺の展示館 - 現在は見本市会場。
  • 競技場 - 正面部分は当時のままであるが、5万人規模のスタジアムに改装され、1992年のオリンピックにも使用された。
  • 美術展示場 - 現在はカタルーニャ考古学博物館。
  • スペイン村 - 国内各地の名建築を再現した建築博物館。(en
  • ドイツ館 - 1986年、同じ場所に再現され、ミースの記念館になっている。

注釈[編集]

  1. ^ カサ・バトリョガウディ設計)の隣にあるカサ・アマトリェールの設計者。
  2. ^ 宝木範義「バルセローナ万国博覧会」、『日本美術工芸』1992年2月号、p22。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]