バミューダの地方行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Bermuda-divmap.png

バミューダの地方行政区画では、イギリス海外領土であるバミューダ諸島の行政区画について説明する。

バミューダは、9つの教区 (parish) に分かれており、行政上もこの区画が用いられる(行政教区)。ハミルトン市セント・ジョージ町の2つの自治体(municipality)が置かれており、行政上はその周囲の行政教区とは区別される(地理的にはハミルトン市はペンブロク教区の中に、セント・ジョージ町はセント・ジョージ教区の中に位置する。なお、ハミルトン市とハミルトン教区の位置は離れている)。

各行政教区には政府による任命制の協議会 (Parish Council) があり、各自治体には公選制の議会 (municipal Corporation) がある[1]

# 名称 英名 人口(2010[2]) 面積(km²) 人口密度(/km²)
1 サンディ教区 Sandys Parish 7,655 6.75 1,134.07
2 サウスハンプトン教区 Southampton Parish 6,633 5.75 1,153.56
3 ウォーウィック教区 Warwick Parish 8,615 5.72 1,506.11
4 パゲット教区 Paget Parish 5,702 5.28 1,079.92
5 ペンブロク教区 Pembroke Parish 9,600 5.44 1,764.70
6 デボンジア教区 Devonshire Parish 7,332 4.90 1,496.32
7 スミス教区 Smith's Parish 5,406 4.90 1,103.26
8 ハミルトン教区 Hamilton Parish 5,862 5.10 1,149.41
9 セント・ジョージ教区 St. George's Parish 4,679 9.30 503.11
A ハミルトン市 Hamilton City 1,010 0.70 1,442.85
B セント・ジョージ町 St. George's Town 1,743 1.37 1,272.26

また、都市化が進んだ集住地区 (village) が存在するが、自治体は設立されていない(非法人地域)。

脚注[編集]

  1. ^ Bermuda Government & voters”. bermuda-online. 2016年2月2日閲覧。
  2. ^ Statoids.com

関連項目[編集]