バナナ・ビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルギー製のバナナビール

バナナ・ビールBanana beer)は、潰したバナナ醗酵させて出来るアルコール飲料である。アルコール含有量は約4.8%である[要出典]。この種のビールケニアウガンダタンザニアで生産、消費されている[要出典]膨張剤にはモロコシ雑穀トウモロコシの粉が使用されている[1]

名称[編集]

バナナ・ビールは、ケニアではウルワガ(urwaga)、ウガンダではルビシ(lubisi)、ルワンダブルンジではウルワグワ(urwagwa)という名称で知られており[2]、儀式や式典で飲まれている[3]。ウガンダではバナナと膨張剤のみで作られるムウェンゲ(mwenge)と呼ばれる類似の飲料がある[4]。バナナ・ビールはカシクシ(Kasiksi)、ルワビトケ(rwabitoke)、ウルウェデンシヤ(urwedensiya)、ウルワリム(urwarimu)やミリンダ・カキ(Milinda kaki)と呼ばれることがあることも分かっている。

製造[編集]

バナナ・ビールは熟した(但し、熟し過ぎていない)バナナから作られる[5]。バナナの熟成を促進するために地面に穴を掘り、乾燥したバナナの葉を詰めてから火を点ける。その上に新鮮なバナナの葉を敷き詰めて、その上に熟成していないバナナを載せる。それから更に新鮮なバナナの葉と枝で覆う。4日から6日でバナナは十分に熟成する[1]。この方法は乾季でのみしか適用できないが、雨季の期間にはバナナを調理の火の傍に置いて熟成させる[6]

バナナ・ビールに使われるバナナには、えぐ味のあるイギカシ種(igikashi)とまろやかな味のイギサヒラ種(igisahira)の2種類がある[7]。バナナ・ビールは、イギカシ種を1/3とイギサヒラ種を2/3混ぜて作る。一旦バナナを熟成させ、皮を剥く。もし手で皮が剥けなければ、そのバナナは十分に熟成していない。皮を剥いた後、柔らかくなるまでバナナをこねる。果汁を澄んだ果汁になるように濾し、水で薄める。モロコシを挽き、軽く炒った後で果汁に加える。醗酵するようにこの混合液を24時間おいてから濾す[5]

濾過された後でビールはガラス製かプラスチック製の壜に詰められる。商用に生産されるビールは醗酵を止め、賞味期限を延ばすために瓶詰めされる前にまず低温殺菌される[5]

ブランド[編集]

商業販売されているブランド:

  • ウェルズ・バナナパン・ビール(Wells Banana Bread Beer)
  • モンゴゾ・バナナ・ビール(Mongozo Banana Beer)[8]
  • ラハ(Raha)
  • アガシャ(Agashya)

出典[編集]