バッド・ブロマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バッド・ブロマンス
The D Train
監督 ジャレッド・ポール
アンドリュー・モーゲル
脚本 ジャレッド・ポール
アンドリュー・モーゲル
製作 マイク・ホワイト
ジャック・ブラック
デヴィッド・バーナド
プリヤンカ・マットゥー
ベン・レイザム=ジョーンズ
バーナビー・トンプソン
出演者 ジャック・ブラック
ジェームズ・マースデン
キャスリン・ハーン
ジェフリー・タンバー
音楽 アンドリュー・ドスト
撮影 ジャイルズ・ナットジェンズ
編集 テレル・ギブソン
製作会社 エレクトリック・ダイナマイト
イーリング・スタジオ
リップ・コード・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗IFCフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗2015年5月8日
日本の旗劇場未公開
上映時間 100分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 300万ドル[2]
興行収入 世界の旗$774,780[3]
テンプレートを表示

バッド・ブロマンス』(原題:The D Train)は2015年アメリカ合衆国で公開されたコメディ映画である。監督はジャレッド・ポールアンドリュー・モーゲル、主演はジャック・ブラックジェームズ・マースデンが務めた。なお、本作はポールとモーゲルの映画監督デビュー作となった。

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2016年4月23日にDVDが発売された[4]

概略[編集]

ダニエル・グレゴリー・ランズマン(ダン)はピッツバーグ高校の同窓会の会長を自称する風変わりな人物であった。ダンは20年ぶりに同窓会を開こうとしたが、昔の仲間たちと頻繁に連絡を取っていたわけではなかったため、大勢が来てくれる保証はなかった。どうすれば多くの旧友に参加してもらえるかと思い悩んだ末に、ダンは同じクラスにいたオリヴァー・ローレスがテレビタレントとして大活躍していることに思い至る。「大スターのオリヴァーが同窓会に参加すれば、きっと皆も来てくれるはずだ」と確信したダンはすぐさまロサンゼルスに向かったが、ここに大きな勘違いがあった。オリヴァーは無名の俳優に過ぎず、ダンが見たCMの仕事もやっとの思いで掴んだものだったのである。当初、オリヴァーはダンの誤解を解こうとしたが、彼の勢いと熱意に負けてしまい、自分が大スターであるかのように演じる羽目になってしまう。

キャスト[編集]

なお、ワシントンD.C.一帯で放送されているラジオ番組『ザ・スポーツ・ジャンキーズ』の司会者たちが本作にカメオ出演している。

製作[編集]

2014年2月10日、ジャック・ブラックとジェームズ・マースデンが本作に起用されたと報道があった[5][6]。3月17日、本作の主要撮影ニューオーリンズで始まった。なお、ブラックのスケジュールの都合で、本作の撮影は21日間というハイペースで行われた[7]

公開・興行収入[編集]

2015年1月23日、本作はサンダンス映画祭にてプレミア上映された[8]

5月8日、本作は全米1009館で封切られ、公開初週末に44万7000ドル余りを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場19位となった[9]。この数字は拡大公開作としては異例の低さであった[10]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには126件のレビューがあり、批評家支持率は50%、平均点は10点満点で5.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『バッド・ブロマンス』はジャック・ブラックに演技の幅の広さを示す絶好の機会を提供したが、キャラクターの造型が余りにも雑なので、映画としてのまとまりに欠ける。」となっている[11]。また、Metacriticには33件のレビューがあり、加重平均値は55/100となっている[12]

出典[編集]

  1. ^ バッド・ブロマンス”. 2018年4月2日閲覧。
  2. ^ IFC Pays $3 Million For Jack Black Comedy ‘The D Train’ – Sundance”. 2018年4月2日閲覧。
  3. ^ The D Train”. 2018年4月2日閲覧。
  4. ^ バッド・ブロマンス”. 2018年4月3日閲覧。
  5. ^ Jack Black, James Marsden to Star in High School Reunion Comedy ‘The D-Train’”. 2018年4月2日閲覧。
  6. ^ Jack Black and James Marsden to Star in 'The D-Train' (Exclusive)”. 2018年4月2日閲覧。
  7. ^ 'The D Train' writer/directors deliver a big twist in a movie that almost didn't get made”. 2018年4月2日閲覧。
  8. ^ Sundance Film Review: ‘The D Train’”. 2018年4月2日閲覧。
  9. ^ May 8-10, 2015”. 2018年4月2日閲覧。
  10. ^ WORST OPENING WEEKEND PER-THEATER AVERAGES Wide Releases Only (600+ Theaters) 1982–Present”. 2018年4月2日閲覧。
  11. ^ The D Train”. 2018年4月2日閲覧。
  12. ^ The D Train (2015)”. 2018年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]