バイナリ時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バイナリ時計(バイナリどけい)は、時刻の数値を二進法で表示する時計。表示する時刻自体は伝統的な六十進法などによるものであり、スウォッチ・インターネットタイムなどの「十進化時間(十進化時刻?)」がそうしたように、二進化した時刻系による時刻を表示するものではない(「真にバイナリ」と言うべきは、そのようなものであろう)[1]

当初は時刻を二進化十進表現で表示する形式(BCDコード)であったが、後にバイナリ表示を行う時計も登場した。ほとんどのバイナリ時計はディジタルタイプであるが、アナログタイプも存在する。

BCD時計[編集]

BCD時計の読み方: 各列ごとの和が6桁の十進表記の各桁に対応する。時間、分、秒ごとに2桁で表される。

2008年現在、最も一般的なバイナリ時計は、6列×4行で、それぞれ1か0の並びで表示される。各列が一つの桁を表す二進化十進表現方式で、BCD(Binary-Coded Decimal)コードと呼ばれる。各列の最下行が20(1)、行が上がるごとにそれぞれ指数が増え、最上行で23(8)になる。時刻は、各桁の和が、それぞれ左から2桁ごとに時間、分、秒を表す。

バイナリ表示時計[編集]

バイナリ表示時計のTime Technology社の「Samui Moon」。時刻は3:25。

時間、分、秒をそれぞれそのまま一つの二進法で表す時計も存在する。

真のバイナリ表示の例
時間
32 1 1
16 0 1
8 1 0 0
4 0 1 0
2 1 0 0
1 0 1 1
10時 37分 49秒
バイナリ時計の電子回路。時刻は13:49:37。

[編集]

  1. ^ 一見先進的なファッションのようで、むしろ本質は極めて保守的という現れとして興味深いものと言える。

外部リンク[編集]