ハーモニカガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
10発射撃可能なハーモニカガン。アメリカ銃器博物館の所蔵品。

ハーモニカガン英語: Harmonica gun)またはスライドガン英語: Slide gun)とは銃火器の一形態である。これは鋼製スライドを装備する後装式の銃である。スライドには幾つかの薬室が穿孔されており、これらに弾丸と火薬が装填される。多くのハーモニカガンはパーカッション・キャップを用いる銃であるが、いくつかの銃の例では圧搾空気を使った設計が存在している[1][2]。パーカッション・キャップを装着する銃では、それぞれの薬室に個別に雷管や火薬、弾丸が充填されている。スライドは作動機構の開口部にはめ込まれ、カムロックの解放により移動させることができる。スライドの移動は手動による。

ハーモニカガンの最も有名な製造業者は、ジョン・モーゼス・ブローニングの実父であるジョナサン・ブローニングである。1834年、彼はイリノイ州のクインシーにおいて、ハーモニカガンや、それよりは一般的なリボルバー型式のライフルを作り始めた。

参考文献[編集]

  1. ^ Al stone's 2240 auto-loader”. 2014年10月26日閲覧。
  2. ^ Airgun hobby magazine, july 2011”. 2014年10月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]