ハンガリー語訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『カロリ聖書」(16世紀)

ハンガリー語訳聖書(ハンガリーごやくせいしょ、英語: Bible translations into Hngarian)はキリスト教聖書ハンガリー語への翻訳を扱う。

歴史[編集]

ハンガリー語訳聖書は、15-16世紀にプロテスタントの聖書が、続いて17世紀にカトリックの聖書が作られた。

聖書の種類[編集]

ハンガリー語への最初期の有意味な翻訳は以下の通り。

ハンガリー語テキストの比較[編集]

ヨハネによる福音書3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。(新共同訳聖書
ハンガリー語訳 János 3,16
カーロリによる翻訳 Mert úgy szerette Isten e világot, hogy az ő egyszülött Fiát adta, hogy valaki hiszen ő benne, el ne vesszen, hanem örök élete legyen.
Magyar Bibliatársulat új fordítású Bibliája
(ハンガリー聖書協会(プロテスタント)による新しい翻訳)
Mert úgy szerette Isten a világot, hogy egyszülött Fiát adta, hogy aki hisz őbenne, el ne vesszen, hanem örök élete legyen.
Szent István Társulati Biblia
聖イシュトヴァーン協会による聖書(カトリック)
Mert úgy szerette Isten a világot, hogy egyszülött Fiát adta oda, hogy aki hisz benne, az el ne vesszen, hanem örökké éljen.
Szent Jeromos Bibliatársulat
聖なる聖書協会による翻訳(カトリック、カールディの翻訳およびNova Vulgataを基礎としている)
Mert úgy szerette Isten a világot, hogy egyszülött Fiát adta, hogy mindaz, aki őbenne hisz, el ne vesszen, hanem örök élete legyen.

脚注[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]