ハンガリー学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハンガリー学派

ジークムント・フロイトの門人であるフェレンツィ・シャーンドルによって、フロイトの精神分析学がハンガリーにもたらされた。さらにナチスの政権の台頭と研究者の亡命によって、アメリカに移植されることとなった。 多くの重要な乳幼児の研究を行う精神分析家が、フェレンツィの影響を受けている。政治・哲学の面であるブダペスト学派は別。

ハンガリー学派の学者[編集]

名前 概要
フェレンツィ・シャーンドル フロイトの門人であり、ハンガリー、更にアメリカに精神分析をもたらした
メラニー・クライン 1910年夫が仕事のためにブダペシュトに転居することとなった。3年後ブダペシュトで長男が生まれ、また母親が死亡するが、その過程で抑うつ状態に陥り、フェレンツィ・シャーンドルに相談したことが、精神分析に接する最初の転機であった
マーレル・マルギト 児童心理学発達心理学
ルネ・スピッツ
アレクサンデル・フェレンツ
フランツ・アレクサンダー
バーリント・ミハーイ
マイケル・バリント
フェレンツィの門人として、ブダペシュトの研究所で精神分析の指導的立場にあった。
ローヘイム・ゲーザ英語版 人類学者。エトヴェシュ・ロラーンド大学の最初の人類学教授。フェレンツィの教育分析を受け、精神分析の立場から人類学研究を開始した。フロイトを人類学に広げたと言える
ドナルド・ウィニコット クライン(臨床実践、理論)、フェレンツィ、バリントの影響を受けている

その他のハンガリー出身の学者[編集]

名前 概要
トーマス・サース英語版 精神科医
カール・トラヴニク英語版 精神科医
レーヴェース・ゲーザ