ハムスターボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緑色のハムスターボールに入ったネズミ

ハムスターボール(Hamster ball)は、内部にハムスターアレチネズミデグーやその他の小型のネズミ目のペットを入れて、逃げ出したり家具や壁の下に隠れさせることなく檻の外を走り回らせるための透明なプラスチックの中空の球である[1]。動くとガラガラと音がなり、ハムスターを容易に見つけることができる。

ハムスターボールが販売されるようになったのは1970年代の事とされる[2]。多くのハムスターボールは、空気穴とハムスターの出入りできる扉の付いた耐久性のある透明なプラスチックでできている[3]。ハムスターの運動のために用いられる[4]

ハムスターボールはハムスターを守るように設計されているが、階段等の高い場所から落ちる危険もある。そのため、ハムスターを保護するために、階段から遠いなるべく家の低いところに置く必要がある[5]。または、階段の近くに壁を作ることもある。

ハムスターボールには空気穴が空いているが、熱射病や疲労を防ぐために定期的にボールから出して休憩させる必要もある。ペットを中に入れている間は、常に目を離さないことが重要である[1]

ハムスターボールの利用は小型のネズミ目に限定すべきであり、ウサギ、チンチラ、モルモットや、大きさや体の構造が小型のネズミと異なるものに用いるべきではない。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Siino, Betsy Sikora (2007). Hamster (2nd ed.). Hoboken, N.J.: Wiley Pub.. p. 112. ISBN 978-0-470-03793-5. http://books.google.com/?id=TmXZvQJH6EcC&pg=PA112&dq=%22hamster+ball%22&cd=3#v=onepage&q=%22hamster%20ball%22&f=false. 
  2. ^ Ebersolt, Gilles (2008年4月). “A History of the Ballule (PDF)”. 2009年8月18日閲覧。
  3. ^ Vanderlip, Sharon (2009). Dwarf Hamsters: Everything about Purchase, Care, Nutrition, and Behavior (2nd ed.). Hauppauge, NY: Barron's Educational Series. p. 50. ISBN 978-0-7641-4096-9. http://books.google.com/?id=Y2b8D6t658gC&pg=PT51&dq=%22hamster+ball%22#v=onepage&q=%22hamster%20ball%22&f=false. 
  4. ^ Mattacks, CA; Pond, CM (1988). “Site-specific and sex differences in the rates of fatty acid/triacylglycerol substrate cycling in adipose, tissue and muscle of sedentary and exercised dwarf hamsters (Phodopus sungorus)”. International Journal of Obesity 12 (6): 585–97. PMID 3235275. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3235275. 
  5. ^ Adamson, Eve (2005). Adopting a Pet for Dummies. Hoboken, N.J.: Wiley. p. 215. ISBN 978-0-7645-9879-1. http://books.google.com/?id=VoxbJ_oF7LAC&pg=PA215&dq=%22hamster+ball%22#v=onepage&q=%22hamster%20ball%22&f=false.