ハインリヒ5世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハインリヒ5世(Heinrich V., 960年 - 1026年2月27日)は、ルクセンブルク伯(ハインリヒ1世、在位:998年 - 1026年)およびバイエルン公(在位:1004年 - 1009年、1017年 - 1026年)。

生涯[編集]

ハインリヒは、ルクセンブルク伯ジークフリート1世(998年没)とヘートヴィヒ(992年没)の間に生まれた。父ジークフリートの存命中より、ハインリヒは神聖ローマ皇帝オットー3世の近くに仕え、ヴェネツィア遠征に従い、親密な主従関係を築いていたとみられる。993年から996年の間に、ハインリヒにトリーアのザンクト・マクシミン修道院のフォークタイ(フォークトの所領)が与えられ、その後エヒタナハ修道院のフォークタイも与えられた。ハインリヒの妹クニグンデは、皇帝ハインリヒ2世と結婚しており、そのために1004年3月21日にバイエルン公位を与えられた。同年、ハインリヒはボレスワフ1世と戦うためポーランド遠征に参加した。1008年、ハインリヒは義弟ハインリヒ2世に対し反乱を起こし、1009年にバイエルン公位を剥奪された。1017年12月に、ケルン大司教ヘリベルトおよびトリーア大司教ポッポの仲裁により、再びバイエルン公位を与えられた。

ハインリヒは1026年に嗣子なく死去、低バイエルンのオスターホーフェンに埋葬されたとみられる。ルクセンブルク伯位は甥ハインリヒ2世が継承した。

参考文献[編集]

先代:
ジークフリート1世
ルクセンブルク伯
998年 - 1026年
次代:
ハインリヒ2世
先代:
ハインリヒ4世
バイエルン公
1004年 - 1009年
次代:
ハインリヒ4世
先代:
ハインリヒ4世
バイエルン公
1017年 - 1026年
次代:
ハインリヒ6世