ハイリー・センシティブ・パーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハイリー・センシティブ・パーソン: Highly sensitive person, HSP)とは、高度な感覚処理感受性を、気質生得的な特性)として持つとされる人のこと[1][2]

精神医学上の概念ではなく、病気や障害でもないので、DSM にも指定はされておらず[1][3]、医療機関でHSPという病名を付けられることはない。

概念・言葉の用法[編集]

定義・概念
  • 刺激に対する「深い認知的処理」と「高い情動的反応」を持つ人のことで、その様な高い敏感性を「感覚処理感受性(sensory-processing sensitivity)」と呼ぶ[4]。今日の数多くの研究が示唆するところによると、感覚処理感受性(SPS)は生得的なものであり、人類の15 - 20%に見られる性質である[5][6][7][8]感覚入力処理が通常よりも深いという点で特徴付けられ、それにより些細な事柄に対する気づきやすさを生んでいる[9]。合わせて、他の人には気にならない程度の感覚刺激によって容易に興奮してしまうという現象も、恐らくは必然的な結果として生じている。テッド・ゼフによる定義では「五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とされる[10]
  • 「ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)」という言葉は、1996年にエレイン・N・アーロン博士が考案した[11]。HSPが既存の「ビッグファイブ (心理学)」における性格特性の5要素から独立した概念ではないとして疑問視する臨床医が、以前より存在していたが、それはエレイン・N・アーロン博士による著書がピア・レビューを受ける前に、HSPの概念が広がってしまったことによるもので、現在に至ってはHSPに関心がある多くの人達により実質的なピア・レビューは受けているとされる[3]
関連用語
  • HSC(Highly Sensitive Child):HSPの子供時代を指す
  • HSE(Highly Sensitive Extroversion)/ HSS(High-Sensation Seeking):どちらも特定タイプのHSPを指す。「HSE」は、HSPの3割を占める「外向的」なタイプ。「HSS」は刺激探求型とも呼ばれ、好奇心が強く刺激を求めるタイプを指し、やはりHSPの3割を占める[12]。HSEとHSSは大半が重なっているが「HSS」の中には「内向型」も存在するなど完全に同一ではない。HSP/HSE/HSSの差異は「HSPと非HSP間の違い」に比べれば大きなものではない[13]
  • エンパス(Empath):HSPとほぼ同義であるとされ、「HSPが心理学的概念」であるのに対し「エンパスはスピリチュアル的概念」である[14]。「エンパス」として言及される際は「サイコパスと真逆・対をなす存在」であるとされる[15]
  • ギフテッド :自己内外の情報・刺激に対する感受性の高さ[16]・表面的な特徴の一部が発達障害と似ている[17]など、HSPと類似した特徴を多く持つ。また、2015年~2018年の調査ではギフテッド」の8割程度はHSPであるという結果が出ており、何らかの関連が示唆されている[18]。主な違いとしては、「ギフテッド」はIQが平均を大きく上回ること(IQ130以上とされる場合が多い)が特徴の一つだが[19]、HSPの場合はIQは言及されていない。また「HSPが実行に移すまでに熟考し時間がかかる傾向」なのに対し「ギフテッドは素早く行動に移す」点も違いとして挙げられている[20]

属性・特性[編集]

DOES(ダズ)

HSPの属性は「DOES」という頭文字で表され、4つ全ての性質を持っているとされる[21]

  • Depth of processing(処理の深さ)

HSPは感覚データを通常よりはるかに深く、かつ徹底的に処理しているが、それは神経システムにおける生物学的な差異によるものである[22]

  • Overstimulated(刺激を受けやすい)

感覚的に敏感である。五感や、人の感情や雰囲気から自身の内部に入り込まれ受ける刺激が非HSPに比べ強い。何に対して敏感かは個人差がある。心身ともに疲れやすく、不機嫌や体調不良などにつながりやすい。嫌なことだけでなく、楽しいことでも刺激が多すぎると疲労になる。

  • Emotional reactivity and high Empathy[23](感情的反応性・高度な共感性)

共感力が高く感情移入しやすい。「ミラーニューロン」の働きが活発であることが示唆されている[24]

  • Sensitivity to Subtle stimuli(些細な刺激に対する感受性)

人や環境における小さな変化や、細かい意図に気づきやすい。

発達障害との違い[編集]

HSP(HSC)の表面上の特徴の一部(主に「強い刺激に悩まされる」「社会的な行動から距離を取りがち」な点)が「発達障害不安障害」と類似している点が指摘されることがあり、HSCが発達障害と誤診されるケースや、また、実際に軽い「自閉傾向」を併発しているケースもある[25][26](最近の研究では『発達障害は人口の約10%、更にグレーゾーンも含めると20%程になる可能性もある』とされている[27])。しかし、両者の社会生活における感じ方や脳機能の働きという点では全く違うものであり[28]、以下の点において正反対であると言える。

その他の違いの一部

日本における「HSPブーム」と警鐘[編集]

近年は自分の生き辛さに名前を求め「HSP」を自称する人も増えており[42]、「HSPうつ」の治療に数十万円を請求するクリニックも出現した[43]。しかし、「HSPうつ」という疾患は(心理学・精神医学ともに)存在せず、「HSPうつ」なるものが磁気刺激療法で改善するというエビデンスも全くない。また、HSP/HSCを「診療・改善」することを謳った宣伝をする医療機関も存在しているが、これは明らかに医療機関側でHSP/HSCを適切に理解できていないことを意味している(前述の通りHSPは「障害・疾患」でないので「診療・改善」が必要ない)[44]。マスメディアによるHSP概念の乱用による、こうした社会への誤った影響を懸念するものもいる[45]

HSPを題材として書かれた主な著書[編集]

  • 『The Highly Sensitive Person』、『The Highly Sensitive Child』、『The Highly Sensitive Person in Love』、『The Highly Sensitive Person's Workbook』(以上4冊はエレイン・アーロンの著作)
  • 『The Highly Sensitive Person's Survival Guide』、『The Highly Sensitive Person's Companion』、『The Strong, Sensitive Boy』(以上3冊はテッド・ゼフ博士の著作)
  • 『Making Work Work for the Highly Sensitive Person』(バリー・ジェーガーの著作)
  • 『Help Is On Its Way』(ジェンナ・フォレストの回顧録)[46]

脚注[編集]

  1. ^ Aron, E.N. (2006). “The Clinical Implications of Jungs Concept of Sensitiveness”. Journal of Jungian Theory and Practice 8: 11-43. オリジナルの2007年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070929125223/http://www.junginstitute.org/pdf_files/JungV8N2p11-44.pdf. 
    • Jung, C. (1913). 'The theory of psychoanalysis'. CW 4.
    • ______ (1916). 'Psychoanalysis and neurosis'. CW 4.
  2. ^ Aron, E.; Aron, A.; Jagiellowicz, J. (2012). “Sensory processing sensitivity: A review in the light of the evolution of biological responsivity”. Personality and Social Psychology Review 16: 262-282. doi:10.1177/1088868311434213. 
  3. ^ a b Lawrence, Kelsey (2019年5月6日). “Understanding the Highly Sensitive Person” (英語). Medium. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ 関西大学,串崎真志,紀要論文「感覚処理感受性が共感の正確性と動作の模倣に及ぼす効果」2020.12.2閲覧
  5. ^ Jagiellowicz, J.; Xu, X.; Aron, A.; Aron, E.; Cao, G.; Feng, T.; Weng, X. (2011). “Sensory processing sensitivity and neural responses to changes in visual scenes”. Social Cognitive and Affective Neuroscience 6: 38-47. doi:10.1093/scan/nsq001. 
  6. ^ Aron, A.; Ketay, S.; Hedden, T.; Aron, E.; Markus, H. R.; Gabrieli, J. D. E. (2010). “Temperament trait of sensory processing sensitivity moderates cultural differences in neural response, Special Issue on Cultural Neuroscience”. Social Cognitive and Affective Neuroscience 5: 219-226. doi:10.1093/scan/nsq028. 
  7. ^ Chen, C.; Chen, C.; Moyzis, R.; Stern, H.; He, Q.; Li, H.; Dong, Q. (2011). “Contributions of dopamine-related genes and environmental factors to Highly Sensitive Personality: A multi-step neuronal system-level approach”. PLoS ONE. 6: e21636. doi:10.1371/journal.pone.0021636. 
  8. ^ Licht, C., Mortensen, E. L., & Knudsen, G. M. (2011). Association between sensory processing sensitivity and the serotonin transporter polymorphism 5-HTTLPR short/short genotype. Biological Psychiatry, 69, supplement for Society of Biological Psychiatry Convention and Annual Meeting, abstract 510.
  9. ^ Gerstenberg, F. X. R (2012). “Sensory-processing sensitivity predicts performance on a visual search task followed by an increase in perceived stress”. Personality and Individual Differences 53: 496-500. doi:10.1016/j.paid.2012.04.019. 
  10. ^ 著書「The Highly Sensitive Person's Companion
  11. ^ 相磯展子 (2016年8月31日). “生き残りの要 仕事場で「繊細な人」が必要なワケ”. NIKKEI STYLE. 2018年5月6日閲覧。
  12. ^ mazecoze研究所 2018.11.27記事 『子育てハッピーアドバイス』シリーズ著者より http://mazecoze.jp/diversity/5198
  13. ^ http://hspjk.life.coocan.jp/blog-introversion-extroversion.html
  14. ^ https://www.shinjuku-stress.com/column/psychosomatic/empath/
  15. ^ https://www.sankeibiz.jp/business/news/200115/bsm2001150500005-n1.htm
  16. ^ https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-19K02935/
  17. ^ https://h-navi.jp/column/article/667
  18. ^ https://quietquality.org/en/blog/link-between-highly-gifted-and-hsp
  19. ^ https://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9-%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89-%E5%A4%A9%E6%89%8D%E5%85%90-%E6%95%99%E8%82%B2/33833226
  20. ^ https://quietquality.org/en/blog/link-between-highly-gifted-and-hsp
  21. ^ mazecoze研究所 2018.11.27記事 『子育てハッピーアドバイス』シリーズ著者より http://mazecoze.jp/diversity/5198
  22. ^ Ketay, S., Hedden, T., Aron, A., Aron, E., Markus, H., & Gabrieli, G. (2007, January). The personality/temperament trait of high sensitivity: fMRI evidence for independence of cultural context in attentional processing. Poster presented at the annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Memphis, TN. Summary by Aron (2006): "A functional study comparing brain activation in Asians recently arrived in the United States to European-Americans found that in the nonsensitive, different areas were activated according to culture,during a difficult discrimination task known to be affected by culture, but culture had no impact on the activated areas for highly sensitive subjects, as if they were able to view the stimuli without cultural influence."
  23. ^ Besides Study 4 in Aron, Aron, and Davies, 2005, a study under review as of 2012 has found HSPs to have more mirror neuron activity (associated with empathy) than others when looking at photos of happy or distressed faces. Another under review has found stronger arousal compared to others when viewing pictures known to arouse strong emotions, both positive and negative.
  24. ^ PsychologyTodayによる記事2020.12.2閲覧
  25. ^ https://www.kyoeikasai.co.jp/kpa/agent/monosiri2018-27.htm
  26. ^ https://www.10000nen.com/media/25282/
  27. ^ 公表する著名人も増加…発達障害やHSP、精神科医が明かす「向いている職業」樺沢紫苑による解説 2020.11.19閲覧
  28. ^ https://tryze.biz/media/knowledge/hsp/
  29. ^ https://43mono.com/series/kodomono_binkansani/komattara_vol08/
  30. ^ https://jinjibu.jp/keyword/detl/862/#heading_3_2
  31. ^ https://www.gentosha.jp/article/12200/
  32. ^ https://shinnrishi.com/hsp-meaning/
  33. ^ https://www.10000nen.com/media/25282/
  34. ^ https://ddnavi.com/tokushu/617031/a/
  35. ^ https://www.10000nen.com/media/25282/
  36. ^ https://www.10000nen.com/media/25282/
  37. ^ http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120815_1.htm
  38. ^ 心療内科医の明橋大二 https://ddnavi.com/tokushu/617031/a/
  39. ^ https://43mono.com/series/kodomono_binkansani/komattara_vol08/
  40. ^ https://www.10000nen.com/media/25282/
  41. ^ https://www.10000nen.com/media/25282/
  42. ^ 敏感すぎる「HSP」増加 生きづらさの理由求め自称する例も” (日本語). NEWSポストセブン. 2020年11月27日閲覧。
  43. ^ 該当クリニックの説明ページ2020.12.2
  44. ^ 環境感受性の研究者による情報サイト2020.12.2
  45. ^ 「繊細さん」HSPへの科学的疑問2020.12.2閲覧
  46. ^ Dr. Aron describes a second trait that can considerably alter the look of the trait in a particular person which is high sensation seeking. Although it may seem to be the opposite of sensory processing sensitivity, "the opposite of a Highly Sensitive Person (HSP) is a person who takes many risks, that is, acts without reflecting very much. An HSP who is an HSS (High Sensation Seeker) also will find ways to have novel experiences, but will not take ill-considered risks." (from WebMD Live Events Transcript The Highly Sensitive Person In Love with Elaine Aron).

引用エラー: <references> で定義されている name "TIME20120202shortnote" の <ref> タグは、先行するテキスト内で使用されていません。
引用エラー: <references> で定義されている name "PsychologyToday20110721" の <ref> タグは、先行するテキスト内で使用されていません。

引用エラー: <references> で定義されている name "PsychologyToday20120202" の <ref> タグは、先行するテキスト内で使用されていません。

参考文献[編集]

学術論文
  • Aron, Elaine; Aron, Arthur (1997). “Sensory-Processing Sensitivity and Its Relation to Introversion and Emotionality”. Journal of Personality and Social Psychology 73 (2): 345-368. doi:10.1037/0022-3514.73.2.345. 
  • Bruch, M.; Gorsky, J.; Cullins, T.; Berger, P. (1989). “Shyness and Sociability Reexamined: A Multicomponent Analysis”. Journal of Personality and Social Psychology 57 (5): 904-15. doi:10.1037/0022-3514.57.5.904. 
  • Deo, P.; Singh, A. (1973). “Some Personality Correlates without Awareness”. Behaviorometric 3: 11-21. 
  • Gough, H., & Thorne, A., "Positive, negative, and balanced shyness: Self-definitions and the reactions of others" in Shyness: Perspectives on Research and Treatment ISBN 0-306-42033-3.
  • Higley, J., & Suomi, S. "Temperamental Reactivity in Non-Human Primates" in Temperament in Childhood ed. Kohnstramm, G., Bates, J., and Rothbart, M. (New York: Wiley, 1989), 153-67.
  • Kagan, J.; Reznick, J.; Snidman, N. (1988). “Biological Bases of Childhood Shyness”. Science 240 (4849): 167-71. doi:10.1126/science.3353713. PMID 3353713. 
  • Thorne, A. (1989). “The Press of Personality: A Study of Conversations Between Introverts and Extraverts”. Journal of Personality and Social Psychology 53: 713-26. doi:10.1037/0022-3514.53.4.718. 
  • Raleigh, M.; McGuire, M.; Brammer, GL; Yuwiler, A (1984). “Social and Environmental Influences on Blood Serotonin and Concentrations in Monkeys”. Archives of General Psychiatry 41 (4): 181-90. doi:10.1001/archpsyc.1984.01790150095013. PMID 6703857. 
  • Revelle, W.; Humphreys, M.; Simon, L.; Gilliland, K. (1980). “Interactive Effect of Personality, Time of Day, and Caffeine: A Test of the Arousal Model”. Journal of Experimental Psychology General 109 (1): 1-13. doi:10.1037/0096-3445.109.1.1. PMID 6445402. 
  • Zumbo, B.; Taylor, S. (1993). “The Construct Validity of the Extraversion Subscales of the Meyers-Briggs Type Indicator”. Canadian Journal of Behavioral Science 25 (4): 590-604. doi:10.1037/h0078847. 
  • Belsky, J.; Pluess, M. (2009). “Beyond Diathesis-Stress: Differential Susceptibility to Environmental Influences”. Psychological Bulletin 135 (6): 885-908. doi:10.1037/a0017376. PMID 19883141. 
単行本

関連項目[編集]

外部リンク[編集]