ノート:731部隊

    このページには削除された版があります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/731部隊」、「Wikipedia:削除依頼/ノート:731部隊」,「Wikipedia:削除依頼/731部隊110916」。「Wikipedia:削除依頼/ノート:731部隊 20210913」、Wikipedia:削除依頼/731部隊210211をご覧ください。



    WP:JPOV[編集]

    現在の版を英語版と日本語版で読み比べていたのですが、日本語版のほうが731部隊の生体実験等が過小に書かれているように印象を抱きました。日本語版は日本人の編集者がほとんどであり、731部隊で直接被害を受けた日本人が少ないため、無意識のういにWP:JPOV日本中心に編集されているのではないでしょうか。過去の版では、証言などが詳細に記載されておりますが、著作権違反との指摘で削除されるとのことです。著作権違反を回避して、証言を掲載する方向にしては如何でしょうか。(保護解除されて、落ち着いてからになると思いますが) 英語版は一般に編集者に多様性があるため、記事の偏りが少ないそうです。例えば、クロアチア語は話者はクロアチア人しかおらず、クロアチアの都合のよいように、編集されているようで、ウィキペディアで問題になったようです。日本語も言語的にはクロアチアに近く、同様の現象が起きる可能性があると思います

    クロアチア語版ウィキペディアにおけるディスインフォメーション

    ウィキメディア財団はクロアチア語版ウィキペディアにおけるディスインフォメーションについての調査結果(Croatian Wikipedia Disinformation Assessment)を報告し、長年、極右編集者達が記事を意図的に歪めてきたことを認めた。ウィキペディアのコミュニティが小さかったり、多様性がない場合、ウィキペディアはうまく機能しないことが、この調査結果から明らかになった[1][2]

    以上です。--Dear-natur12345会話) 2021年9月8日 (水) 23:06 (UTC)階層がおかしくなっていたので修正--S.S.E.H.Talk/Contribs 2021年9月10日 (金) 11:35 (UTC)[返信]

    http://wikipediocracy.com/forum/viewtopic.php?f=14&t=11871 wikipediaフォーラムで、日本Wikipediaの歴史修正問題について、佐藤氏が問題提起しているようです。--Dear-natur12345会話) 2021年9月12日 (日) 14:39 (UTC) -Dear-natur12345 [返信]

    https://interaction21.ixda.org/program/talk--yumiko-sato 佐藤由美子氏はwikipedia日本語版の歴史修正主義問題について、interaction21(31 January to 5 February 2021)というグローバルカンファレンスで2021年に発表されているようです。個人ブログではなく、カンファレンスで発表されておられるので、佐藤氏の意見を日本語版wikipediaに記載してもよいのではないでしょうか。--Dear-natur12345会話) 2021年9月14日 (火) 02:27 (UTC) [返信]

    Wikipedia:井戸端/subj/日本語版ウィキペディアの管理体制について 佐藤氏の提言を受けて、日本語版ウィキペディアの管理体制について井戸端議論をされていますね。--Dear-natur12345会話) 2021年9月14日 (火) 02:37 (UTC) [返信]

    S.S.E.H.さんと利用者:Takabegさんは、歴史修正主義的な編集(著作権違反を根拠に、反論者をwikipediaから追い出す)を行っているように見受けられます。上記井戸端議論に書き込みをさせていただきました。wikipediaのルール上は問題ないのでしょうが、それを規制できない現状ルールがおかしいと考えます--Dear-natur12345会話) 2021年9月14日 (火) 02:59 (UTC)[返信]

    「佐藤氏の意見を日本語版wikipediaに記載してもよいのではないでしょうか。」Wikipediaにおいて独自研究を載せることは禁止されております。よって佐藤氏の意見を載せることは上記のルールに反しております。 Koyasanfish会話) 2021年9月14日 (火) 07:37 (UTC)[返信]

    佐藤氏はグローバルカンファレンスinteraction21で日本語wikipediaの歴史修正主義問題について、発表しています。また、slateという英語サイトでも発表しています。独自研究 (original research) とは、信頼できる媒体において未だ発表されたことがないものを指すウィキペディア用語です。独自研究には当たらないと思います。--Dear-natur12345会話) 2021年9月14日 (火) 08:29 (UTC)[返信]

    Wikipediaやサイトで発表=専門家というわけではないので独自研究に当たると思います。 Koyasanfish会話) 2021年9月14日 (火) 10:32 (UTC)[返信]

    脚注

    1. ^ 日本語版ウィキペディアで「歴史修正主義」が広がる理由と解決策” (日本語). 佐藤由美子の音楽療法日記 (2021年1月8日). 2021年9月8日閲覧。
    2. ^ Croatian Wikipedia Disinformation Assessment-2021 - Meta” (英語). meta.wikimedia.org. 2021年9月8日閲覧。

    ソックパペットによる転載部分への返信[編集]

    ウィキペディアではノートページを含めて引用を最小限に留める必要があるため、長文の引用を除去させていただきました(Wikipedia:著作権で保護されている文章等の引用に関する方針)。証言の内容そのものを転載するのではなく、「X社のYのZページに○○さんの証言が書かれている」というように紹介して下さる分には問題ありません。議論参加者は(特にネット資料であれば)各自が資料を入手して議論できますので、引用の必要はありません。Xは「……」と書いているがYは「……」と書いている、というように個別の表現等が議論対象となる場合は、その該当部分だけを短く引用して下さい。 --2001:240:241B:AE20:3501:2946:74A:B5D7 2021年9月13日 (月) 08:45 (UTC)[返信]

    佐藤由美子という人の個人ブログはWikipediaにおいて信頼できる情報源に当てはまりません。 Koyasanfish会話) 2021年9月14日 (火) 07:33 (UTC)[返信]

    • 報告利用者:Dear-natur12345会話 / 投稿記録 / 記録氏はソックパペットとして無期限ブロックされました。コピペ部分を残す必要はないと思いますので除去します。--S.S.E.H.Talk/Contribs 2021年9月14日 (火) 14:46 (UTC)[返信]
      • 「コピペ部分」とは具体的にはどの日時の版のどの部分でしょうか? [1][2]からの引用部分は除去しましたが[3]、その他に著作権上の理由で消すべき部分の取り零しがあったでしょうか。あれば、削除依頼に追加の版が必要かもしれませんのでご確認をよろしくお願い致します。 --2001:240:240A:4D8C:E4F1:B3AD:1FE8:D030 2021年9月15日 (水) 03:35 (UTC)[返信]
        ソックパペットによる議論提起を残す必要はないというだけなので、削除依頼とは別口です。--S.S.E.H.Talk/Contribs 2021年9月15日 (水) 04:02 (UTC)[返信]

    保護期間の設定について[編集]

    削除タグ剥離を理由として、無期限の全保護→別の管理者の方によって半保護への設定変更→再度の全保護が行われています。しかしながら、Wikipedia:保護の方針#保護期間では、原則として無期限の全保護を禁止しており、「例外」として無期限全保護ができる場合にも削除タグ剥離は理由に上がっていません。原則通り、初回は1ヶ月程度の全保護で効果も十分だったかと思われます。Wikipedia:保護の方針#保護を解除してもよい場合の7として再度の解除が必要だと思われますが、いかがでしょうか。1週間経過後あるいは対処管理者の方の同意が得られた時点で、設定を変更します。改めて無期限全保護する場合は、こちらで議論してからにするようにしていただければ幸いです。--伊佐坂安物会話/履歴) 2021年9月14日 (火) 09:02 (UTC)[返信]

    *同意いたします。出典がない(要出典)箇所が大量にあるなど、記事の質の低下が目につきます。そもそも、「しちさんいちぶたい」ではありません。--Xtyywre7878会話) 2021年9月14日 (火) 11:08 (UTC)[返信]

      • 現在の版は著作権侵害の疑いがない版に機械的に差し戻していますので、証言の引用など著作権侵害になる記載をしないのであれば修正すべきだと思います。その際、ジョンロック氏が勝手に除去していた過去ノートで議論された内容を反映すべきだと思います。--S.S.E.H.Talk/Contribs 2021年9月14日 (火) 14:46 (UTC)[返信]
    • 同意しますが、IPユーザーやソックパペットによる荒らし行為が懸念されますので、拡張半保護にする必要性を感じます。またタグ剥がしや著作権侵害部分の復活などの問題行為があれば保護すれば良いと思います。--S.S.E.H.Talk/Contribs 2021年9月14日 (火) 14:46 (UTC)[返信]
      • コメントありがとうございます。ご懸念の点はもっともだと思います。今の所タグ剥がしはIPユーザーからしか行われていないので、予防的保護は行わないという観点から、いったん無期限の半保護で様子見で良いかと思います。仰るとおり、問題行為が確認されたときは、拡張半保護・全保護へ移行する必要があると考えています。--伊佐坂安物会話/履歴) 2021年9月15日 (水) 23:17 (UTC)[返信]
        • 発端の「無期限の全保護」は[4]のことだと思いますが、ログによればその直前の状態(1月から3月)は半保護が切れて編集制限がない状態だったようですです。その間数週間はそれで一応平穏だった訳ですから、いったんはその状態に戻せないでしょうか。ちなみに、ログによれば2020年の大半(2月18日から12月1日まで)、及び2015年から2020年までの5年間は制限のない状態だったようです。 --2001:240:241B:814B:6DF8:2C74:3403:DBA5 2021年9月21日 (火) 07:01 (UTC)[返信]
          • 一週間経過したのと対処管理者の方から同意もいただいたので、無期限の半保護に設定しました。上記のIPさんの半保護なしの状態でというご意見もありますが、一方で拡張半保護でというご意見もあることやIP利用者からの問題行為があったことも事実なのでいったん半保護に移行しています。--伊佐坂安物会話/履歴) 2021年9月21日 (火) 09:23 (UTC)[返信]

    著作権侵害の疑いがある個所を除去した上での、過去版の暫定復帰[編集]

    現在の版について、上の方で別のユーザーの方が指摘されておられるように、明らかに不正確と思われる記述(読み仮名「しちさんいちぶたい」など)が含まれているようで疑問に思ったのですが、2021年2月に著作権違反の疑いによる削除依頼が提出された際に、著作権侵害の疑いがないとされた2013年10月13日の版に機械的に差し戻された状態になった結果としてこうなっているのですね。であれば、削除に該当するか否かがその削除依頼のサブページ「Wikipedia:削除依頼/731部隊210211」で議論されて裁定が下った後で編集して修正するのが最も望ましいのでしょう。しかし削除依頼提出から長期経過しても議論で結論が出ていないようで、「長期積み残し案件」のページにも掲載されてしまっているようです。また同削除依頼サブページにもコメントで指摘されているように、議論は何か月も停滞しているように見受けられます。今後その削除依頼の裁定が付くまでに長い期間を要しそうですが、その間ずっと上記のように不正確な内容(しかも記事冒頭の読み仮名のレベルから)が掲示されたままというのもやや問題があるように思います。そのため暫定的な編集として、文章の引用転載部分、つまり「削除依頼提案において著作権違反疑いとされている個所」を除きつつも、それ以外の部分を復帰する編集を行おうと考えています。なお、これは「削除依頼議論が済んでいないのに、著作権違反が疑われた個所が削除された状態で固定しまおう」とか、あるいは「削除依頼議論が済んでいないのに、疑われた個所を復帰させてしまおう」と言う目的でもありません。もし仮に上記サブページで「削除相当ではない」という裁定が下されたならば削除依頼直前の状態に復帰してしまい、こ゚の編集が無駄になってしまう事は認識しております。あくまで裁定が下るまでの間の暫定的な、記事の品質の改善を目的としています。--モビルスーツ会話) 2021年10月19日 (火) 17:36 (UTC)[返信]

    コメント ご提案に同意します。ちなみに過剰な引用の箇所については、特定版削除しないという結果になったとしてもそもそもの編集に問題がある(ノートページでの合意を無視して強行編集している)ので戻す必要はないと思っています。/過去ログ1#無出典の記載除去、特別な主張には特別な証拠が必要もご参照ください。--S.S.E.H.Talk/Contribs 2021年10月20日 (水) 13:42 (UTC)[返信]
    コメントありがとうございます。暫定復帰編集を行ってみました。
    手順としては、編集履歴内の過去の版のうち、著作権侵害の疑いによる差し戻しが実際に開始される直前の版であった「S.S.Exp.Hashimoto」さんによる2020年9月25日 (金) 13:23時点における版を元にして、引用テンプレートを利用した引用文、および鉤括弧「」による引用文を全て削除し、それで文章がおかしくなってしまう個所は、引用されていた文の内容を必要最低限程度まで要約して代理掲載するなどの処置を行いました。
    その上で、その版以後に「S.S.Exp.Hashimoto」さんや「花蝶風月雪月花警部」さんや「John Hakater」さんや「2001:268:c083:2a17:a8e6:ed77:93f:d8e5」さんや「ロンドル」さんや「Takabeg」さんや「本日晴天」さんによって行われていた追記編集の内容も再反映しました。
    「Yaltaprude」さんや「Siksbeams」さんや「亜鉛不足」さんによる編集は、荒らしアカウントのソックパペット/多重アカウントであり除去されていたため、再反映からは除外しています。
    「2001:268:c085:3d00:5400:80cc:5064:621d」さんの編集は「Takabeg」さんにより差し戻されているためこちらも再反映からは除外しています。その他のユーザーの方による、差し戻しで無効となった編集も同様です。
    「106.181.168.165」さん、「Wiki13337777」さん、「Seibuabina」さん、「S shimoyama」さんなどの編集は、古い版に対する編集であり暫定復帰後の版では該当部が無かったため再反映していません。
    著作権が既に消失しているのではないかと思われる出典(エドウィン・ヒルの最終報告書など)からの引用個所も、念のため削除しています。このように削除範囲を広めにとったため著作権違反の疑いがある個所は全て除去できていると思っておりますが、よろしければ皆様のご確認の上で、さらに削除すべき著作権違反が疑われる個所が残っていた場合にはコメントで教えて頂ければ幸いです。
    なお編集中に「この出典は有効なのだろうか」と疑問に思うような部分(上方のノートで「Takabeg」さんも触れておられるハル・ゴールドの著作など)や「これはこう書き換えた方がよいのではないか」と思う部分もありましたが、今回の編集の目的・主題はあくまで「著作権侵害の疑いがある部分のみを暫定除去しての暫定復帰」ですので、上記以外の部分は今回は極力除去したり書き換えたりはしていないつもりです。--モビルスーツ会話) 2021年10月20日 (水) 17:43 (UTC)[返信]

    「関連作品」の『妖魔夜行/魔獣めざめる』と『メタルK』について[編集]

    「関連作品」に掲載されている作品のうち、小説『妖魔夜行/魔獣めざめる』(日本、山本弘著、1996年)のみ、インターネット検索したときに「731部隊とどのように関係しているのか」に関して言及している方が全く見つかりません。「用例.jp」で「七三一部隊」や「生体実験」で検索したところ文中には出てくるようです。 また漫画『メタルK』(日本、巻来功士著、1986年)も「神宮寺大佐」という敵キャラクターに「731部隊をモチーフにした部隊に所属していた」という過去の設定がなされているようですが、それ以上の情報が見つかりません。 映画『黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌』(香港、牟敦芾監督、1988年)のように「作品自体の主題である」とか、映画『凍河』(日本、斎藤耕一監督、1976年)のように「主題ではないにせよ、ストーリー紹介にも盛り込まれるような作品の重要な一要素である」というものならば掲載してもよいのではないかと思いますが、もし『妖魔夜行/魔獣めざめる』や『メタルK』において731部隊が「文中に出てきた」「敵キャラクターの一人の過去として設定されてはいる」程度の関係性しかないのであれば、ここに載せなくてもよいのではないかと思いました。 もしその程度でも載せるのであれば、「漫画『覚悟のススメ』の葉隠四郎は石井四郎をモチーフとしている。だから載せよう」といった風に、この記事のこの「関連作品」の部分だけがどんどん肥大化していくのではないかと。 とはいえ私は『妖魔夜行/魔獣めざめる』や『メタルK』を所持しているわけではないので判断が付けがたいのですが、どなたか所持している方が居らっしゃいましたら検証していただければ幸いです。--モビルスーツ会話) 2021年10月24日 (日) 09:53 (UTC)[返信]

    この記事の関連作品等は雪だるま式にどんどん加筆されていたというのが実情ですので、参考文献や関連項目含め一度整理して良いと思います。--S.S.E.H.Talk/Contribs 2021年10月25日 (月) 12:09 (UTC)[返信]
    読まずに削除してしまうのも少し気が引けるところはあります。『メタルK』は様々な電子書籍ショップで販売されているので、しばらく待っても誰も読んだことがある人が現れない場合は、削除してしまう前に電子書籍を購入して読んでみようかな?と思っています(割と面白いとの評判が多いようですし)。ただ『妖魔夜行/魔獣めざめる』は電子書籍版が無いようなので少し敷居が高いですね……。--モビルスーツ会話) 2021年10月25日 (月) 13:08 (UTC)[返信]
    『メタルK』の電子書籍を購入して内容を確認してみました。
    「重い責任の巻」という回の「神宮寺大佐」というキャラクターが登場するページで「そういえばおまえの病院でつくっている新型ペスト菌をバラまく化学兵器なかなか中南米で評判がいいぞ」「ハハッ これも第二次世界大戦中大陸でワ=31部隊にはいり大佐の下で生体実験助手として勉強させていただいたおかげであります!!」という会話シーンがあり、背景には生体解剖が行われている絵が描かれていました。
    その次のページでは、ナチスと共同生体実験をしたという回想台詞とともに、生体解剖や死体が積まれている絵がありました。
    この会話内容や絵の内容から、明らかに「ワ=31部隊」は「731部隊」のもじりでしょう。
    しかしこの2ページ以外にはこの「ワ=31部隊」や生体解剖などを引き合いに出すシーンはありませんでした。
    やはり、「関連作品」に載せるほどには関連が深くないと考えますので、一旦除去させていただきます。
    『妖魔夜行/魔獣めざめる』については今のところ購入予定がないので、どなたかの検証をお待ちします。--モビルスーツ会話) 2021年10月30日 (土) 02:54 (UTC)[返信]

    冒頭のお知らせテンプレートの整理の提案[編集]

    「山下楓312」さんにより2021年11月30日に行われたいくつかの編集について、終了していない削除審議のお知らせ(「現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。」)を含む冒頭のお知らせテンプレートを全て除去してしまう編集であったようです。そのため同日に取り消しをさせていただきました。しかしその後に考えてみると、上記の「削除審議のお知らせ」以外のテンプレートの多くは確かに除去・整理可能かもしれないと思うようになりました。
    たとえば「この項目は著作権侵害が指摘され、現在審議中です。」(「Copyrights」テンプレート)、「このページは著作権侵害のおそれが指摘されており、事実関係の調査が依頼されています。」(「著作権問題調査依頼」テンプレート)は、実際に著作権侵害だと主張する方の提議により削除審議が既に始まっているため、その審議も、著作権違反の事実関係の調査も、削除審議のページで行うべきことであって、すなわち上記の削除審議のテンプレートで十分と考られ、それと重複するようなこの2つのテンプレートは除去可能のように思います。
    また、著作権問題を懸念して使用されていた「NOINDEX」テンプレートも、著作権問題を疑う内容が一旦除去されている現在の版では不要となっているものでしょう。
    さらに、「暴力的」テンプレートや「内容過剰」テンプレートも、現在の版では既に除かれている「詳細な書籍本文引用」が主な警告対象だったように見受けられ、それと比べれば現在の版の内容ではひどく生々しい文章が含まれるとも言えず、こちらもあまり必要性を感じません。
    以上の理由から、「削除審議のお知らせ」テンプレートと「保護」テンプレートの2つのみを残して、その他の5つのテンプレート(「Copyrights」、「著作権問題調査依頼」、「NOINDEX」、「暴力的」、「内容過剰」)は除去しようかと考えますが、別の意見の方などいらっしゃいませんか。--モビルスーツ会話) 2021年12月8日 (水) 15:52 (UTC)[返信]

    反対意見や別意見が挙がらないようですので、上記のとおり「Copyrights」、「著作権問題調査依頼」、「NOINDEX」、「暴力的」、「内容過剰」の5つのテンプレートを一旦除去しました。状況が変化してまたこれらのテンプレートを必要とする記事内容となりましたらこちらで復活の提案をするかもしれません。--モビルスーツ会話) 2021年12月15日 (水) 16:07 (UTC)[返信]
    合意形成のプロセスを踏んだ後の指摘となり恐縮です。ウォッチリストには入れていたのですが、除去するテンプレートの範囲を読み違えており、実際に編集されるまで問題があることに気づいておりませんでした。
    Wikipedia:削除依頼#STEP.1.2_削除依頼テンプレートを貼付により、著作権侵害を理由とする削除依頼の審議中は{{Copyrights}}は残しておくことになっています。既に本文は差し戻し済みですので@モビルスーツさんに何かご対応いただく必要はないのですが、把握の程よろしくお願いいたします。 --紅い目の女の子(会話/履歴) 2021年12月16日 (木) 07:48 (UTC)[返信]
    訂正ありがとうございます。お手数をかけて恐縮です。今後ともよろしくお願いいたします。--モビルスーツ会話) 2021年12月16日 (木) 15:20 (UTC)[返信]

    Wikipedia:削除依頼/731部隊210211について[編集]

    掲題に関し、提示のある書籍5冊を確認しました。削除依頼で、提示書籍5冊を引用元とし著作権侵害のおそれのあるとされる「引用」部分に関し、引用要件の充足未充足関係なく、ほとんどの箇所が自身の言葉での置き換えが可能と考え、実際に私案を作ってみました。なお、直近の最大版「2020-11-22T13:26:47‎ UTC版 版番80557811」を元版としております。その後の編集も進み、実際に記事に反映するのはためらいもありますので、一応、こちらに置いておきます。もし記事に使うとのことであれば、私の著作権は放棄しますので、ご自由にお使い下さい。--むらのくま会話) 2021年12月31日 (金) 06:41 (UTC)[返信]

    • 「生物兵器の開発と実戦的使用」節4段落目の小島隆男証言部分
    また、関東軍大尉小島隆男は731部隊と協力し中国大陸にコレラ菌を拡大させる作戦に従事した[1]。小島の証言によると、まず対象地域にコレラ菌を散布、病気発生確認後、日本軍が対象地域に侵入、逃げ惑う中国人たちが感染をより広げる、といった作戦が2週間にわたり実行され、最終的にコレラによる中国人死者2万人と任務成果報告書で報告した[1]。小島は当時を「死者の死体や動けない人々が、あたりに横たわっていました。夏になると蝿がたかり、ぞっとする風景でした。」と振り返っっている[1]
    • 「生物兵器の開発と実戦的使用 # 被害者の証言」節の王栄良証言・王達手記部分
    (「生物兵器の開発と実戦的使用 # ペスト菌攻撃とされる事例 # 崇山村」と見出し変更の上で)1942年9月、崇山村にペスト菌攻撃が行われ[2]、この攻撃の生き残り王栄良の証言によると村民380人が死亡した[3]。王栄良によると、攻撃はペスト菌に汚染させた小麦・トウモロコシの空中散布により行われ、数日後にネズミの死体が見られるようになるに続き、人が苦しみながら最後には全身痙攣のうえ死に至る、といったものだった[3]。王栄良は「一体何が起きたのかまったく理解できませんでした。自分の家族が次々と死んでいくのです。本当に悲惨な状態でした。」などと語っている[3]。また、崇山村近郊には細菌戦実験に伴う生体解剖所が開設され、同じく生き残りの王達の手記によると、友人の妻が治療を受けるため同所を訪れたが、数日後、台に縛られ体が切り開かれてなお体は反応していたとし、「生体解剖されたことは明らか」と綴られていた[4]
    • 「日本人の「証言」とその真偽」節の「一度、縛られていたマルタおよそ40人が~轢いた時は衝撃を感じました」部分。
    石井四郎付き運転手であった越定男は、野外の安達細菌爆弾実験場で脱出を試みたマルタたち40人をトラックで轢き殺したと証言している[5]
    • 「日本人の「証言」とその真偽」節の上田弥太郎の手記部分
    731部隊の人体実験に関わった上田弥太郎は、自身の研究プロジェクトに関する手記の中で、マルタの様子について、ここに囚われたら最後、人間としては扱われなくなり「マルタ」〇号、「マルタ」〇本といった存在となる、重い足枷を付けながらも既に立ち上がることもできず、ただ固唾ののんでじっとしている、といった趣旨を記している[6]
    • 「細菌学的実験」節の篠塚良雄告白「ワクチンなしでペスト菌を~内臓の全部を露出させました」部分。「細菌学的実験」節の篠塚良雄告白「平川三雄は~彼は絶命しました」部分。
    篠塚は帰国後、高柳美知子との共著の中で、体験した中国人マルタの生体解剖の様子を次のように語っている。ワクチン等の事前の手当を行わずにペスト菌を注射されたその中国人マルタは、数日後には高熱が出て、青ざめた顔色が次第にどす黒く変わり、瀕死の状態となった。このタイミングで解剖室に運び、台に固定、麻酔もせずに頸動脈にメスを入れた。その痛みで苦しんだのち失神するも、カンフル剤等によりまだ死ねず、最後は「鬼子ッ!」と口にし絶命。絶命後は肉体や骨を切り刻み、内臓を引き出した[7]。また、篠塚はペストに罹患した同僚日本人が生体解剖される現場にも立ち会っている[8]
    • 「細菌学的実験」節の上田弥太郎手記「すでに紫藍色を呈して~何という暴虐!」部分。
    731部隊の人体実験に関わっていた上田弥太郎は、、感染症の進行状況と血液像の変化の研究にからみ、死亡直前の中国人「マルタ」から採血なども行っていた[9]。後に、この自身の非人間的・「暴虐」的な振る舞いを自己反省の観点より手記に残している[10]
    • 「生理学的実験」節の越定男告白部「マルタと一緒に鳩~生かしておくことはない。」部分
    元731部隊員の越定男の告白記によると、731部隊で最も熱心に行われた人体実験は、ガラスで覆われたガス室の外から犠牲者を観察するガス実験であった[11]。ガス実験の様子は以下の通り。ガス室の大きさは約「一間半四方」で三方がガラス張りで「ガス実験」の様子が観察できる様になっている[11]。通常「マルタ」3-4人が鳩・鶏などと共に送り込まれる[12]。使用ガスはイペリットホスゲンルイサイト青酸ガス一酸化炭素ガスなど[12]。ガスの種類や濃度を変えて、「マルタ」の反応を観察し、その効果を記録・測定・判定する[12]。死亡した「マルタ」は解剖へ、死亡に至らなかった「マルタ」は死亡するまで繰り返し実験対象とされた[13]。越が立ち会った限りでは実験は年間で約100回ほどあった[13]
    • 「細菌爆弾の効果測定」節の郡司陽子の弟証言「やがて特別出入口から~トラックに積みこまれた」部分。
    731部隊に勤務した郡司陽子が同じく731部隊の隊員であった弟からの聴取した証言によると、安達実験場での細菌爆弾の効果測定にマルタが使用されていた[14]。証言による「実験」の概要は以下の通り。朝、「演習」の実施が告げられると、「丸太」20-30人がトラックで安達の「特別演習場」に運ばれる[15]。演習場には中心地に1本の棒が、その周囲に10m、20mといった距離でべニア板(支柱で地面に固定)が複数立てられている[16]。そのべニア板に「丸太」達を縛り付けると、爆撃機が中心地の棒めがけて爆弾を投下する[17]。「丸太」達は吹き飛ばされ、死亡するか、もしくは瀕死の大怪我を負う[14]。部隊の記録班は、各種破片の分布状況、瀑風や土壌の状況などを、写真・映画で記録する[14]。「丸太」達は生死を問わずトラックに収容した[14]。その後については伝聞になるが、「丸太」達は専門的な検査を受けたのちに焼却炉で燃やされると聞いた[14]
    • 「細菌爆弾の効果測定」節のハル・ゴールド主張「731部隊では~軍紀が乱れる大きな原因となった」部分+西野瑠美子の証言+ハル・ゴールド主張「マルタが性病に感染すると~どの段階に達しているかを検査した」部分。
    「従軍慰安婦」問題で講演活動を行っている西野留美子は1994年12月に行った講演で、731部隊で性病研究・実験も行われていたとの当時の部隊関係者の話を紹介している[18]。概要は以下の通り。当時の日本軍において、慰安所利用料が高額だったことによる現地女性の強姦やそれに伴う性病の蔓延など、性病は深刻な問題で、性病研究やそのための実験が必要であった[19]。研究のために、被験者に梅毒に感染させる手法は、当初は注射を用いていたが、思うように成果が上がらず、強制的な性交渉を通じて感染させる手法を行うようになった[19]。性病に感染すると、病状進行の経過観察を、定期的かつ詳細に、外性器の病状観察だけではなく、生体解剖による内部器官の検査も行っていた[20]
    • 「細菌爆弾の効果測定」節の西野主張「実験中のレイプにより~凍傷実験で消費されたもの」部分
    また、西野留美子はこの講演で、731部隊で凍傷実験を担当していた吉村寿人の戦後の論文や中国側の記録を根拠に、強制的な性交渉によるものを含め731部隊支配下で生まれた捕虜等の乳幼児も各種実験に使用された、と推論している[21]
    • 「細菌爆弾の効果測定」節の胡桃沢正邦インタビュー部分。
    (除去)
    • 「証拠隠滅とマルタの処理」節の森村誠一による証言聞き取り部分「マルタの中の数人は~吐き気をこらえながら作業を続けた」部分
    毒ガスによる「『丸太』の全員虐殺」を目撃した元隊員の回想として、作家の森村誠一は次のような趣旨を綴っている[22]。毒ガスが注入されると「丸太」達は「まるで檻の中で暴れているゴリラ」の様に苦しみ死んでいった[23]。死にきれず苦しむ「丸太」は拳銃で射殺した[23]。死体は掘った大きな穴に放り込み、焼却しようとするが、なかなか燃えなかった[23]。撤退が迫る中、作業担当者は焼却作業の完了前に埋め戻して逃亡してしまう[23]。埋め戻しも不完全で、証拠隠滅になっておらず、焼却作業がやり直しとなった[22]
    • 「証拠隠滅とマルタの処理」節の篠原鶴男証言「明けて10日~薪と一緒に積み上げられてわかりませんでした」部分
    また、元隊員の篠原鶴男はソ連軍の侵攻翌日の1945年8月10日にマルタの処理に関わり、「穴を掘って薪の上にマルタを、そのまた上に薪をのせてマルタを、というように積み上げ、火をつけるばかり」にした、監獄の一室には書かれたばかりの「日本帝国主義打倒! 必勝蔣総統万歳!」との血書が残っていた、といった旨を証言している[24]
    • 「証拠隠滅とマルタの処理」節の篠原鶴男証言「13日夜から14日明け方にかけて~出発しました」部分。
    また、元隊員・篠原鶴男によると、証拠隠滅のために、1945年8月13日夜からの翌朝にかけて松花江に研究機材・薬品・標本などを廃棄、8月14日18時には監獄を爆破した[25]
    • 「証拠隠滅とマルタの処理」節の赤間まさ子証言「戦争は負けた~草の根をわけても捜すぞ」部分。
    731部隊付き看護婦であった赤間まさ子の証言によれば、石井四郎は日本への帰路において731部隊員と家族に対し、「戦争は負けた。俺は、君たちみなを故郷に送り返す。帰郷したお前たちが七三一部隊の秘密を漏らすようなことがあったら、この石井はどこまでも、草の根をわけても捜すぞ」と脅迫めいた口止めを行った[26]
    1. ^ a b c ゴールド 1997, p. 228.
    2. ^ 細菌戦真相>崇山村”. 731部隊細菌戦とは?. 一瀬法律事務所. 2021年12月30日閲覧。
    3. ^ a b c ゴールド 1997, p. 67.
    4. ^ ゴールド 1997, p. 68.
    5. ^ ゴールド 1997, p. 221.
    6. ^ ゴールド 1997, pp. 33–34.
    7. ^ 篠塚良雄 & 高柳美知子 2004, pp. 80–84.
    8. ^ 篠塚良雄 & 高柳美知子 2004, pp. 90–95.
    9. ^ ゴールド 1997, p. 34.
    10. ^ ゴールド 1997, p. 33.
    11. ^ a b 越定男 1983, p. 82.
    12. ^ a b c 越定男 1983, p. 83.
    13. ^ a b 越定男 1983, p. 86.
    14. ^ a b c d e 郡司陽子 1982, p. 97.
    15. ^ 郡司陽子 1982, pp. 94–95.
    16. ^ 郡司陽子 1982, p. 95.
    17. ^ 郡司陽子 1982, p. 96.
    18. ^ ゴールド 1997, p. 145.
    19. ^ a b ゴールド 1997, pp. 148–149.
    20. ^ ゴールド 1997, pp. 149–150.
    21. ^ ゴールド 1997, p. 150.
    22. ^ a b 森村誠一 1983, pp. 280–281.
    23. ^ a b c d 森村誠一 1983, p. 280.
    24. ^ ゴールド 1997, pp. 212–213.
    25. ^ ゴールド 1997, p. 213.
    26. ^ ゴールド 1997, p. 181.
    • 篠塚良雄、高柳美知子 『日本にも戦争があった 七三一部隊元少年隊員の告白』新日本出版社、2004年8月20日。ISBN 4-406-03102-2 
    • 越定男 『日の丸は紅い泪に』教育資料出版会、1983年8月15日。 
    • 群司陽子 『【証言】七三一石井部隊 今、初めて明かす女子隊員の記録』徳間書店、1982年8月31日。ISBN 978-4195025864 
    • 森村誠一 (1983-06-10). 新版 悪魔の飽食. 角川文庫. 角川書店. ISBN 4-04-136565-1 

    ここまで--むらのくま会話) 2021年12月31日 (金) 06:41 (UTC)[返信]